VAIRONと渋谷フェイス、訪日外国人向けにデジタルサイネージからWeChatと連動した情報発信を可能に

2015.12.21

Updated by Asako Itagaki on 12月 21, 2015, 18:47 pm JST

VAIRONと渋谷フェイスは、2016年1月から、デジタルサイネージ上で微信(WeChat)のQRコードを利用した情報発信を支援するサービスを開始する。主に中国本土からの訪日ゲスト向けに、日本企業によるWeChat公式アカウントを活用したマーケティングを支援する。

中国では駅構内や商業施設など、街中のさまざまな場所に設置されたポスターや看板、モニター等に埋め込んである「WeChat」のQRコードを読み取り情報を入手する習慣が根付いており、さまざまな企業がマーケティングに活用している。日本国内でも同様のサービスを提供することで、日本企業の新規WeChat公式アカウントへの加入を支援すると共に、訪日ゲストがサービスを受けられるポイントを拡大し、インバウンド消費を促進する。

また、この取り組みにより、訪日ゲストが日本を出国後も、継続的に日本企業のWeChat公式アカウントから情報を得られる仕組みを提供できる。SNS的側面をもつWeChatの機能により情報が拡散されることで、これから訪日を予定しているゲストに対して「行くべき」「買うべき」情報が到達するインフラが構築される。

20151221-wechat

VAIRONはWeChatのオリジナルCMSおよび技術面・運用面のノウハウの提供を行う。渋谷フェイスは韓国HYUNDAI社製のデジタルサイネージで培った店舗誘導や販売促進ノウハウを提供する。

【報道発表資料】
業界初!訪日ゲスト向けデジタルサイネージサービス提供開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集長。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2013年春、長年住んだ中目黒を離れて、世界一高い電波塔の近所で下町生活を満喫中。

RELATED NEWS