ゴルフコース イメージ

LPWAでゴルフ場のカートの位置情報を管理、NTT西日本などがトライアル

2016.12.20

Updated by Naohisa Iwamoto on 12月 20, 2016, 06:23 am JST

IoTやM2M向けの無線通信技術として「LPWA」(Low Power Wide Area)が注目されている。そうした中で、LPWAを実現する通信規格の1つであるLoRaWANを利用して、ゴルフ場のカートの位置情報を管理するフィールドトライアルを実施することを、NTT西日本などが発表した。

フィールドトライアルは、リアルタイム位置情報の管理ソリューションを提供するジーアイサプライ、LoRaWAN方式のネットワークを提供するNTT西日本が、奈良県で春日台カントリークラブを運営するロートピアの協力を得て実施する。ジーアイサプライのGPSトラッカーの技術とNTT西日本のLPWA技術を生かし、位置情報を活用した新しい事業の創出を目的とする。フィールドトライアルは春日台カントリークラブ内で12月下旬から実施する。

トライアルでは、春日台カントリークラブのゴルフカート25台にLoRaWAN対応のGPSトラッカーを取り付ける。GPSトラッカーをNTT西日本のLoRaWANネットワークに接続することで、ゴルフカートの位置情報をリアルタイムにアプリケーション上に表示。カートを効率的に運行できるようにする。併せて、通信電波強度、バッテリー消費量の測定も行う。

ゴルフ場では、リアルタイムのカート運行管理システムを導入することで効率的なコース利用の実現を目指す。しかし、カート運行管理システムの導入には、導入コストやランニングコストが発生するほか、トラッカーのバッテリーの充電作業などの作業増加といった課題があった。トライアルでは、LPWAのLoRaWAN対応GPSトラッカーの採用による、動作確認およびコスト削減、作業面での負荷軽減を検証する。

ジーアイサプライとNTT西日本は、トライアルで得られたノウハウをもとにして、車両の巡回管理、盗難防止など、新しいIoT活用ソリューションの創出につなげたい考え。

【報道発表資料】
LPWAを活用したゴルフ場におけるカートの位置情報管理フィールドトライアルについて

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED NEWS