WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

エアコン 温度 コントロール イメージ

酷暑から高齢者を守れ、センサーでエアコンを自動制御するソリューション

2018.07.27

Updated by Naohisa Iwamoto on July 27, 2018, 11:20 am UTC

異常な高温が続く中で、高齢者を中心としてエアコンを利用せずに熱中症にかかり、亡くなる方が相次いでいる。こうした事態から高齢者を守るために、「暑さ指数」が一定値を超えると自動的にエアコンをオンにするスマートホームソリューションの提供が始まった。

エアコンを自動制御するスマートホームソリューションとして熱中症対策商品を提供するのは、無線関連のソリューションを手がけるスペクトラム・テクノロジー。室内に設置する温湿度センサーと赤外線送信機、Zigbee方式でこれらの機器を接続してインターネットと連携するゲートウェイが主要な機器である。熱中症対策商品では、温湿度センサーの情報を基に、環境省が指針としている暑さ指数に応じて、赤外線送信機からエアコンにリモコン信号を送って、エアコンのオン/オフを自動的に制御する。マイルール機能を使って、自動制御する際の温湿度は好みに設定できる。またシーン機能を併用することで、在宅時にだけマイルールを設定することも可能。

マイルール設定時には、在室の高齢者などが手元のリモコンでエアコンの電源をオフにしても、設定に従って自動的にオンになるため、冷房嫌いな高齢者にも適切な温度管理が行える。ゲートウェイを介して、クラウドサービスと連携し、スマートフォン向けの専用アプリから家族などが状況の確認やエアコンのオン/オフなどを制御することも可能だ。

この熱中症対策商品では、スマートホームソリューション企業の中国Wulianの製品を利用する。ゲートウェイは2万2000円、赤外線送信機は7000円、温湿度センサーは4500円など。熱中症対策だけでなく、オプション品としてドアや窓の開閉を知らせる「コンタクトセンサー」、動きを検知する「赤外線モーションセンサー」、水漏れを検知する「漏水センサー」、「緊急ボタン」などを組み合わせて、総合的なスマートホームソリューションを提供することもできる。

【報道発表資料】
日本初、スマートホーム製品を使った屋内の熱中症対策商品の販売について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。