WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

監視 カメラ 店 犯罪

次なる銃乱射事件の防止を目指すAIセキュリティベンチャー ほか

AI News October 1st week,2018

2018.10.03

Updated by Wataru Nakamura on October 3, 2018, 07:00 am UTC

グーグル、インド国内の洪水を予測・警報するAIシステムを提供開始【The Verge】
グーグルが災害対策プログラム「Google Public Alerts」の一環として、AIによる洪水予測・警報システムの提供をインド国内で開始した。このサービスはインド当局の中央水委員会(Central Water Commission)と提携して提供されているもので、すでにパトナ地域で運用が開始されているという。

原文:Google is using AI to predict floods in India and warn users

グーグル傘下のディープマインド、AI学習のためのバーチャル環境開発でユニティと協力【Venture Beat】
グーグル傘下のディープマインドとゲーム開発プラットフォームを提供するユニティ・テクノロジーズ(Unity Technologies)は米国時間9月26日、AI研究において提携することを発表。両社はAIエージェント向けのシミュレーション環境構築で協力するという。

原文:Google's DeepMind and Unity join forces to create simulated environments for AI training

マイクロソフト、AIを活用した人道支援イニシアティブを発表【Venture Beat】
マイクロソフトは米国時間9月24日、人道支援活動に向けたツールやサービスを開発する事業者をサポートするプログラム「AI for Humanitarian Action」を発表。このプログラムでは5年間で4000万ドルの規模で、難民支援・児童保護・人権保護・災害対策の4領域に貢献するAI技術開発を支援するという。

原文:Microsoft launches $40 million AI for Humanitarian Action initiative

AIを活用した採用プラットフォームのPymetrics、新たに4000万ドルを調達【Venture Beat】
採用関連のAIプラットフォームを開発するパイメトリクス(Pymetrics)は先ごろ、新たに4000万ドルの資金調達を発表。パイメトリクスは、神経科学とAIを活用して企業が募集中のポジションにぴったりの人材を採用することをサポートする求職・採用プラットフォームを提供しており、すでにユニリーバやハイアット、アクセンチュアなど60社以上が同プラットフォームを導入している。

原文:Pymetrics raises $40 million for AI-powered job recruitment

眼病を発見するAI診断システムのIdx、新たに3300万ドルを調達【Venture Beat】
AIを活用して眼病やその兆候を発見する技術を開発するIdxが先ごろ、新たに3300万ドルの調達を発表。アイオワ州発のIdxは、網膜の画像を分析して糖尿病性網膜症を診断する「IDx-DR」という診断システムを提供している。

原文:Idx raises $33 million for AI diagnostic systems that detect eye disease and other conditions

次なる銃乱射事件の防止を目指すAIセキュリティベンチャー【Fortune】
米アテナ・セキュリティは、AIによって暴力的行動や犯罪を認識するカメラを利用し、次なる銃乱射事件を未然に防ぐことを目指している。同社のセキュリティカメラは「銃やナイフを取り出す」、「喧嘩をする」といった人物の行動を認識し、すぐにシステムの設置者に報告すると同時に、リアルタイムの映像とともに直接警察に通報することもできるという。

原文:A New Security Startup Wants to Stop School Shootings with Artificial Intelligence

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら