WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

高速道路 自動車 眠気 イメージ

イスラエルのEyeSight、トラック運転手のモニタリング技術で中国企業と協力 ほか

Israel News December 2nd week,2018

2018.12.14

Updated by Wataru Nakamura on December 14, 2018, 07:00 am UTC

イスラエルのEyeSight、トラック運転手のモニタリング技術で中国企業と協力【Times of Israel】
イスラエルのAIベンチャーであるアイサイト・テクノロジーズ(EyeSight Technologies)が先ごろ、中国のGPS・テレマティクス企業のエクスン(Exsun)と提携。アイサイトとエクスンは、トラック運転者が運転中に注意を反らしたり、眠気を催したときに警告を送るモニタリング技術を中国国内向けに提供するという。

原文:Israeli AI tech to help avert accidents in China by tracking drivers’ drowsiness

サウジアラビアのジャーナリスト殺害、サウジ政府へのスパイツール販売にイスラエル政府が関与(ワシントン・ポスト報道)【Ctech】
イスタンブールのサウジアラビア領事館で殺害されたジャーナリストのジャマル・カショギ氏は、イスラエルの諜報企業であるNSOグループのソフトウェアで監視されていたと伝えられているが、このソフトウェアをサウジ政府に販売することを認めたのがイスラエル政府であったとする話を米国時間12月7日のワシントン・ポストが報じている。イスラエル政府は、自国のスパイツールの販売を認めることで、中東地域でサウジアラビアとの関係を深める意図があったという。

原文:Israeli Government Signed Off on Sale of Spyware Allegedly Related to Khashoggi’s Death, Report Says

国連の旅行テックコンペティション、イスラエルベンチャー4社がファイナリストに選出【Times of Israel】
国連の世界観光機関(UNTWO)が運営する旅行ベンチャーの国際コンペティションで、イスラエルベンチャー4社が2771社の参加企業のファイナリスト10社に選出。VAT還付手続きのデジタル化技術を開発するリファンディット(Refundit)、インタラクティブな動画ベースの旅行プランナーを提供するシーヴーヴ(SeeVoov)、旅行業者向けにクライアントからのフィードバックのプラットフォームを開発するホワジット(Howazit)、低コストのホテル予約サービスのプルーヴォ(Pruvo)の4社が選ばれている。

原文:Israeli startups dominate final stage of UN travel tech competition

イスラエルゲーム企業のPlaytika、ドイツのWoogaを買収【Reuters】
イスラエルのモバイルゲーム企業であるプレイティカ(Playtika)は現地時間12月3日、ドイツのゲーム企業ウーガ(Wooga)の買収に合意したことを発表。買収額は1億ドル以上と見積もられている。プレイティカは現在、複数のオンラインカジノゲームを提供しており、ウーガの買収でカジュアルゲームジャンルにも事業を拡大したい狙いだ。

原文:Israeli gaming firm Playtika buys Germany's Wooga

中国のTAL Education、イスラエルのプログラミング学習ベンチャーCodemonkeyを買収【新華社通信】
中国の教育サービス大手のTALエデュケーション(TAL Education)は12月4日、子ども向けのプログラミング学習ゲームを開発するイスラエルのコードモンキー(Codemonkey)の買収を発表。買収額は約2000万ドルと見積もられている。2013年にテルアビブで創業されたコードモンキーは、イスラエルと米国のほか、アジアや欧州、南米などの計12カ国で製品をリリースしている。

原文:China's TAL Education buys Israeli learning start-up Codemonkey

イスラエルベンチャーへの企業投資、2018年第1四半期〜第3四半期は例年比30%増の157件に【Israel 21c】
IVCリサーチセンターによれば、2018年第1四半期〜第3四半期のイスラエルベンチャー向けの企業投資は、2013年〜2015年の基準に比べておよそ30%増の157件となっていたといい、このトレンドが続けば2018年は過去最高規模になる可能性があるという。なお、2018年の現時点での最高調達額は、テルアビブのハバナラボ(Habana Labs)がインテルキャピタルから調達した7500万ドルとなっている。

原文:Corporates made 157 investments in Israeli firms in Q1-3/2018

イスラエルイノベーション IRI イスラエルイノベーション特集の狙い

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら