WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

電柱 通信 イメージ

東電電柱にキャリア共同の5G基地局、KDDI、ソフトバンク、楽天が実証

2019.03.20

Updated by Naohisa Iwamoto on March 20, 2019, 06:25 am UTC

国内でも本格サービス開始が2020年に迫った5G。その導入に向けて、電柱などの電力インフラを活用することで5Gの基地局設備を効率的に共用する実証が始まる。

共同実証を行うのは、東京電力パワーグリッド(東電PG)と、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルネットワークの4社。2019年度上期から、電柱などを利用して基地局の設置場所や設備を効率的に共用するための実証に取り組む。

▼電柱を活用した携帯電話基地局イメージ(東電PGのニュースリリースより)

4Gまでよりも高い周波数帯を利用する5Gでは、電波の到達距離が短くなり、基地局数の増加が見込まれる。キャリアには基地局の設置場所の確保や費用などの負担がのしかかる。さらに、基地局のアンテナなどが街中に林立するといった景観上の課題もある。そうした中で東電PGは、これまでにKDDIと協力して電力インフラを使った基地局設備の共用の検討を進めてきた。今回、両社の準備が整ったことで、ソフトバンク、楽天モバイルネットワークの2社も参加して基地局シェアリングの可能性について確認する実証を開始する。

実証では、電柱上の基地局設備に関する資材・機材、機器の配置、施工のしやすさ、保守のしやすさ、アンテナの共有による電波の鑑賞状況などを評価する。今後5Gの活用を計画している企業などにも幅広く呼びかけて、実証を進めるという。

5G携帯電話基地局普及のための電力インフラを活用したシェアリングに関する実証の取り組みについて

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。