WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

先住民 伝統 境界 イメージ

先住民の土地を可視化する地図プロジェクト ほか

Map information News October 1st week,2019

2019.10.02

Updated by Wataru Nakamura on October 2, 2019, 07:00 am UTC

インド政府、国内全土の高精度地図作成を目指す新たな計画を発表【Times of India 9/16】
インド政府は現地時間9月16日、ドローンやAI、ビッグデータなどの技術を用いてインド全土をカバーする解像度10cmのデジタルマップを作成する計画を発表。インド科学技術省のインド調査部門によって進められるこの計画は2年以内での完了を見込んでおり、完成した地図データは一般市民や地方自治体などが利用できるようになる。

原文:Using drones, AI and big data, India to draw up digital map with 10cms resolution

フェイスブック、ARグラスの開発と世界の3Dマップ化プロジェクトを発表【The Verge 9/25】
フェイスブックは米国時間9月25日に行われた開発者向けカンファレンス「Oculus Connect」の中で、新たなARグラスの開発と世界中の3Dマップ化するプロジェクト「Live Maps」を発表。「Live Maps」では、従来の地図やクラウドソーシングされたデータ、スマートフォンやARグラスで撮影された映像を利用して世界の多層的な3Dマップを作成するという。

原文:Facebook says it will build AR glasses and map the world

先住民の土地を可視化する地図プロジェクト【Reuters 9/13】
多数の先住民組織が携わるオンラインプロジェクト「LandMark」は、公式な地図ではしばしば可視化されていない先住民の土地のマッピングを目指すもので、現在世界全体の12%をカバーしている。このような地図は、先住民の法的権利の保護や彼らの土地での違法な伐採・採掘の防止に役立つ。

原文:Mapping project seeks to secure 'invisible' indigenous lands

ウーバー、自動運転車向けにダラスのストリートマップを作成へ【Dallas Morning News 9/18】
配車サービス大手のウーバーは米国時間9月17日、自社の自動運転車開発に役立てるため今秋にもダラス市街地のマッピングや交通データ収集を行う計画を発表。手動で運転される2台のSUVを使用してデータを収集し、自動運転車を安全に運用するための交通パターンや現地の気候などへの理解を深めるという。ウーバーではすでにサンフランシスコやトロントでも同様にマッピングやデータ収集を行っていた。

原文:Uber will map Dallas streets this fall, consider city for self-driving cars

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら