WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

アドベンチャーレース 山岳 自転車 イメージ

見通し100kmでも通信可能なIoT向けLPWA「ELTRES」、ソニーなどが商用サービス開始

2019.10.03

Updated by Naohisa Iwamoto on October 3, 2019, 06:25 am UTC

長距離安定通信、高速移動体通信が可能でありながら低消費電力というソニー独自のLPWA(Low Power Wide Area)通信規格「ELTRES」。2019年9月30日に、商用サービスの提供がついに始まった。

提供が始まったのは、「ELTRES IoTネットワークサービス」で、ソニーネットワークコミュニケーションズ、NECネッツエスアイ、オリックスが共同事業として提供する。サービス提供エリアは、2019年9月末時点で東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、愛知県、兵庫県、大阪府、京都府の各一部。2020年度上期中に全国に展開する予定である。

ELTRESは、見通し100kmの長距離や時速100㎞以上の移動中でも安定した無線通信が可能な特徴を持つほか、通信モジュールが標準搭載したGNSS(グローバル衛星測位システム)による位置情報や時刻情報の取得も可能で、IoTソリューションとして多用途に活用が期待される。

サービス提供に先立ち、2019年5月から機器メーカーやサービスプロバイダーなどのパートナープログラム参入を受け付け、9月末じてんで114社がパートナーに名を連ねる。通信電波の届きにくい山間部の鉄塔やため池などのインフラ監視、走行中車両の車両・物流管理、児童や登山者の見守りなどの用途で、IoT活用の通信インフラを支える。

【報道発表資料】
ソニーネットワークコミュニケーションズ、NECネッツエスアイ、オリックス
LPWA通信規格ELTRESを採用したIoTネットワークの商用サービスを開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。