WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

スマートフォン 中国 警告 イメージ

音声SNSのクラブハウス、中国でのスパイ行為の懸念を受けセキュリティ改善を明言(他2本)

Cyber Security News February 4th week,2021

2021.02.26

Updated by Wataru Nakamura on February 26, 2021, 22:13 pm JST

中国ハッカー集団のAPT31、NSAのハッキングツールを複製・利用【Dark Reading 2/22】
中国ハッカーグループの「APT31」が、米国家安全保障局(NSA)のハッキングツールを複製し長年利用していたことがCheck Point Researchの新たな報告書から明らかになった。このハッキングツールはNSAとの関係が指摘されるハッカー集団「Equation Group」が利用していたもので「APT31」はこのツールの独自バージョン(通称「Jian」)を少なくとも2015年から使用していたという。

原文:Chinese-Affiliated APT31 Cloned & Used NSA Hacking Tool

韓国起亜自動車にランサムウェア被害 ー ハッカーらは2000万ドルを要求か【Security Magazine 2/18】
韓国ヒュンダイ傘下の起亜自動車(KIA)の米国支社がランサムウェア「DoppelPaymer」の被害に遭っているという話をテックニュースサイトのBleepingComputerが報道。この報道によれば、同社ではサーバーやセルフペイメントサービス、ディーラープラットフォーム、電話サポートシステムなどのITシステムが停止しており、ハッカー側はこれらのシステムの暗号化解除と盗み出したデータの身代金としておよそ2000万ドルを要求している。

原文:Kia Motors allegedly suffers ransomware attack; cybercriminals demand $20 million to recover sensitive data

音声SNSのクラブハウス、中国でのスパイ行為の懸念を受けセキュリティ改善を明言【The Verge 2/14】
音声チャットルームアプリの「クラブハウス」の開発企業は、スタンフォード大研究者からの脆弱性の指摘を受け、同アプリが中国のサーバーにpingを送信しないよう暗号化の追加を計画している。スタンフォード・インターネット・オブザーバトリー(SIO)の最新の報告書では、クラブハウスのバックエンドインフラが中国のAgoraという企業によって提供されていること、ユーザー固有のクラブハウスIDやチャットルームIDが平文で送信されており、Agoraがクラブハウスの生の音声データにアクセスできる可能性が指摘されていた。

原文:Clubhouse says it will improve security after researchers raise China spying concerns

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

中村 航(なかむら・わたる)

1985年生まれ。福岡県福岡市出身。翻訳者。テクノロジーやファッション、伝統工芸、通信、ゲームなどの分野の翻訳・校正に携わる。WirelessWire Newsでは、主に5G、セキュリティ、DXなどの話題に関連する海外ニュースの収集や記事執筆を担当。趣味は海外旅行とボードゲーム。最近はMリーグとAmong Usに熱中。