WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

自動車 ハッキング 犯罪 イメージ
医療 医師 患者 イメージ
ドローン ビジネス 作業員 イメージ

セキュリティトレンド 

↓
↑

LATEST NEWS

リモートワーカーの4分の1がサイバー攻撃を経験(他2本)

リモートワーカーの4分の1がサイバー攻撃を経験(Amárach Research調査)【RTE 11/19】 アイルランド調査会社のAmárach Researchが行った調査によれば、サイバー攻撃を受けたことのあるリモ […]

2020.11.25

AI活用で乗客のソーシャルディスタンスを監視(他2本)

新型ランサムウェア「Pay2Key」に世界的流行の懸念【Dark Reading 11/12】 イスラエルのサイバーセキュリティ大手のチェックポイント(Check Point Software Technologies) […]

2020.11.19

盗難データの消去を約束するハッカーへの支払いが愚かな理由(他2本)

盗難データの消去を約束するハッカーへの支払いが愚かな理由【Krebs on Security 11/20】 ランサムウェア攻撃をしかけるハッカーらは、システムの復元だけでなく、盗み出したデータを公開すると脅して金銭を要求 […]

2020.11.10

スウェーデン、原子力発電所や空港などのセキュリティ情報を持つ企業がサイバー攻撃の被害に(他2本)

米当局、国内の医療機関へのサイバー攻撃増加を警告【TIME 10/29】 米国のFBI(連邦捜査局)と保健福祉省、CISA(サイバーセキュリティ・インフラストラクチャー・セキュリティ庁)は現地時間10月28日、国内の病院 […]

2020.11.02

セキュリティ専門家がパスワードを予想してトランプ大統領のTwitterアカウントにアクセス(他2本)

オランダのセキュリティ専門家、パスワードを予想してトランプ大統領のTwitterアカウントにアクセス【Tech Crunch 10/23】 オランダのセキュリティ専門家であるVictor Gevers氏が先ごろ、自らが予 […]

2020.10.27

[PR]実録デジタルフォレンジック、時間との戦いの中で痕跡から分析

どんなに境界での守りを固めたとしても、サイバー脅威が社内のネットワークやコンピューターに忍び込むことを完全に防ぐことはできない。相手は、防御側が認知していないような最新の手法で攻撃を仕掛けてくることもあるのだから、どんなに多層防御の網の目を張り巡らせていても、すき間から侵入される危険性は残る。そのような万が一の事態への対応としては、攻撃の証拠を保全して状況を把握するために調査分析するデジタルフォレンジックの手法が役立つ。

2020.10.23

教育機関から自動車まで、新たな標的を探すハッカーたち(他2本)

教育機関から自動車まで、新たな標的を探すハッカーたち【WSJ 10/8】 WSJが今後数年でサイバー攻撃のリスクが高まる様々なモノをリストアップ。GPSトラッカーやBluetooth、ネット接続機能を持つ埋込み型医療機器 […]

2020.10.12

コロナ時代を生き抜く「セキュリティ」のあり方を考える一週間

ジャパンセキュリティ2020 ファイナルに向けて見逃し配信。全てのセッションを集約して公開。 新型コロナウイルス感染症拡大は、私たちの生活を一変させた。人と人が普通にコミュニケーションを取ることそのものが、ウイルス感染の […]

2020.10.07

米国最大規模の病院システムがサイバー攻撃の被害に(他2本)

米上院、州・地方政府に毎年4億ドルのサイバーセキュリティ助成金を交付する新たな法案を可決【State Scoop 9/30】 米上院は現地時間9月30日、州・地方政府のサイバーセキュリティ対策に助成金を出す新たな法案を可 […]

2020.10.06

ドローンの実用化に向けて規制緩和とセキュリティリスクを再確認

ドローンのセキュリティに関しての活動を行う一般社団法人のセキュアドローン協議会は、ドローンにおける5G利用規制緩和と制度改正、それにともなってのセキュリティリスクについてのセミナーをオンラインで行った。

2020.09.28

ARCHIVES