WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

トラクター 工場 従業員 イメージ

米農業機械メーカーが工場ネットワークの柔軟化にローカル5Gを活用(他2本)

5G News March 3rd week,2021

2021.03.18

Updated by Wataru Nakamura on March 18, 2021, 07:00 am JST

米農業機械メーカーのJohn Deere、工場ネットワークの柔軟化にローカル5Gを活用【Network World 3/3】
米農業機械メーカーのJohn Deereは2020年、米連邦通信委員会(FCC)の周波数帯オークションでローカル5G向け周波数免許を約50万ドルで取得。同社の工場は、これまで利用していたしていた有線ネットワーク設備を削減し、ローカル5Gを活用したより柔軟な生産ラインの設計を目指す。ローカル5Gは将来的に、労働者の安全性向上のための無線スマートビジョンシステムにも活用される見込みだ。

原文:John Deere invests $500k in private 5G licenses to support flexible factory networks

フェイスブック主導のTIP、ローカル5G推進のための新たなソリューショングループを結成【Capacity Media 3/4】
オープンソースのモバイル技術を支援するフェイスブック主導の非営利団体であるTIP(Telecom Infra Project)は先ごろ、ローカル5G推進のための新たなソリューショングループ「5G Private Networks」を結成。同グループはローカル5G網の管理・運営のための新たなソリューションの開発を進めるもので、まずはスペイン通信大手のTelefónicaがこのソリューションのテストに携わる。

原文:Facebook’s TIP starts 5G open RAN group for private networks

米ディッシュ、5G事業拡大にMVNOのRepublic Wirelessを買収【The Verge 3/8】
米衛星放送大手のデュッシュ・ネットワークは現地時間3月8日、米MVNOのRepublic Wirelessの買収を発表。ディッシュは年内にも独自の5Gサービスの開始を計画しているが、今回の買収が完了すれば、同社の通信網に新たに約20万人の顧客が加わることになるという。ディッシュは2020年、スプリント傘下のMVNOであるBoost Mobileを14億ドルで買収して米携帯通信業界の大手の一角となっており、その後も新たな周波数帯やMVNOのTing Mobileなどを買収していた。

原文:Dish will acquire Republic Wireless to boost adoption of its 5G network

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

中村 航(なかむら・わたる)

1985年生まれ。福岡県福岡市出身。翻訳者。テクノロジーやファッション、伝統工芸、通信、ゲームなどの分野の翻訳・校正に携わる。WirelessWire Newsでは、主に5G、セキュリティ、DXなどの話題に関連する海外ニュースの収集や記事執筆を担当。趣味は海外旅行とボードゲーム。最近はMリーグとAmong Usに熱中。