WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

台湾 警察 交通 イメージ

エリクソン、5Gネットワークスライシングを活用したスマートパトカーを台湾で開発

5G News Jan 3rd. week, 2023

2023.01.18

Updated by Wataru Nakamura on January 18, 2023, 12:00 pm JST

スウェーデンのエリクソンは、5G SA(Stand Alone)ネットワーク上のネットワークスライシング機能を活用した新たなスマートパトカーのユースケースを台湾で開発したと発表した。現地通信大手のFar EasTone Telecom(FET)との協力によるプロジェクトで、これらのスマートパトカーは2022年12月から台湾・高雄市の警察で稼働しているという。

エリクソンによれば、この「5G Smart Patrol Car」ソリューションは主に盗難車のナンバープレート認識に活用されているという。各パトカーは高解像度の撮影装置と専用のアプリケーションを搭載し、AI画像解析によって盗難届が出されている車を特定する。また、将来的にはコンサートやサッカーの試合など、多くの人が集まる公共の場での犯罪検知にも活用される見込みだ。

同社は新たなユースケースについて「公共部門のミッションクリティカルなアプリケーションを実現する高度な5G機能を実証するもので、両社の20年にわたる戦略的パートナーシップの新たなマイルストーンだ」としている。

[関連情報]
Far EasTone and Ericsson use 5G network slicing to deliver Smart Patrol Car solution to Taiwan police
Ericsson deploys network slicing for smart patrol car in Taiwan

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

中村 航(なかむら・わたる)

1985年生まれ。福岡県福岡市出身。翻訳者。テクノロジーやファッション、伝統工芸、通信、ゲームなどの分野の翻訳・校正に携わる。WirelessWire Newsでは、主に5G、セキュリティ、DXなどの話題に関連する海外ニュースの収集や記事執筆を担当。趣味は海外旅行とボードゲーム。最近はMリーグとAmong Usに熱中。