WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

機械学習

  • 映画の脚本からヒットを予想するAI ほか

    2018.07.20

    アリババ、ファッションAI技術のパイロットプログラムを開始【Business Insider】 中国のアリババは7月4日、AIを活用して顧客のアパレルショッピング体験を向上させる「Fashion AI」コンセプトストアを […]

  • インテル、イスラエルの生産拠点に50億ドルの投資計画 ほか

    2018.05.24

    イスラエルのセキュリティ・機械学習関連技術を視野に入れるドロップボックス【Reuters】 米ファイル共有・ストレージ企業のドロップボックスが、同社がテルアビブに置く研究開発拠点の拡大を計画しているという。同社は現地スタ […]

  • ⑦清水亮の新規事業論―人と違う体験が新しい創造を生む

    2017.10.22

    大学生に進路のアドバイスをするとき、清水は冗談まじりに「海外を知るために自動車免許を取れ」と答える。アメリカ滞在中に飛行機や列車ではなく、自分が運転する自動車で移動するようになって、アメリカへの理解が深まったからだ。

  • ⑥清水亮に影響を与えた論文

    2017.05.10

    現在のパーソナルコンピュータの基本形をつくったアラン=ケイによる1972年の論文であり、この論文の中には、彼が構想したDynabook(ipadやSurfaceの原型)を使い、重力シミュレーションをして遊ぶ2人の子供が登場する。

  • ⑤従業員の能力を高める経営者のあり方

    2017.04.24

    清水が会社経営において常に気を付けていることは、「社員に働いていただいている」と考えることである。社員は人生の半分を会社で過ごす。それに対して会社がいくら給料を支払ってもはした金に過ぎない。

  • ⑦理論物理学の方法で、イノベーションの種を探す

    2017.04.06

    「世の中はシンプルな法則で出来ている」と考えるのが、理論物理学の信念である。カンニング検出システムで使われた技術は、カンニングという1つの事例にだけあてはまるものではなく、よくよく探してみれば同じ技術が適用できる現象はたくさんある。

  • ④情報のシャワーを浴びる-研究開発の方法論

    2017.04.04

    清水は、独自の方法論として「情報のシャワーを浴びる」ことを常に意識している。例えば、釣りのゲームを作りたければ釣具屋へ行ってみる、英語を学びたければアメリカに行くなどである。

  • ⑥3DCGとBack to the Future―大関 真之の原点

    2017.03.06

    漫画を描くことが大好きだった大関少年は、中学で3DCGと出会いその面白さにのめりこんだ。高校時代に応募した文化庁メディア芸術祭では残念ながら落選したが、なんと強豪の中最終選考まで残ったという。