WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

KCCS、スマートフォン向けのセキュリティ対策に支援サービス

2011.02.02

Updated by WirelessWire News編集部 on February 2, 2011, 10:10 am JST

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は2011年2月1日、スマートフォンやタブレット端末向けのセキュリティ対策を支援するサービスを同日に提供開始したと発表した。名称は「スマートフォン向けセキュリティサービス」で、法人がスマートフォンを導入・活用する際の安全確保に役立てる。

スマートフォンは急速に普及が進んでいるが、一方でオープンな環境で構築されているために既存の携帯電話に比べてセキュリティの脅威が高い。KCCSでは、パソコンと同程度のセキュリティ対策が求められるとしている。すでに、スマートフォンのアプリには、個人情報や位置情報を外部に送信するようなものが見つかっている。法人利用では、紛失時の対応も要求される。

スマートフォン向けセキュリティサービスでは、インストールされたアプリのリスク確認をする「スマートフォンアプリケーション診断(クライアント)」、サーバーと連動したアプリケーションの場合にサーバー側のリスク確認をする「スマートフォンアプリケーション診断(サーバ)」を2月1日に提供開始。このほか、スマートフォンのパスワード設定強度やWi-Fiの自動接続許可などの設定を確認する「セキュリティレベル確認」、業務用スマートフォンに対する端末設定の基準作りを支援する「セキュリティポリシー策定支援」、アプリの開発ガイドラインとなる「セキュア開発ガイドライン提供」といった各種サービスを今春にも提供する予定だ。

「スマートフォン向けセキュリティサービス」|KCCS
201102021010-1.jpg

【報道発表資料】
「スマートフォン向けセキュリティサービス」を提供開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら