WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

201110131400-1.jpg

(cc) Image by Jack Kennard

タックス・ヘイヴンとして知られる西インド諸島の英領ケイマン諸島で、英ケーブル・アンド・ワイヤレス(Cable & Wireless Communications)が、同社のカリブでのブランドであるLIMEでカリブ地域初の「4G」としてHSPA+の提供を開始した。3島(グランドケイマン島、ケイマンブラック島、リトルケイマン島)全域をカバー。LIMEがカリブ地域で独占的に販売しているiPhoneのデータ通信に威力を発揮するものと期待されている。

ベンダーのエリクソン(Ericsson)は、LIMEがカリブで提供中の12のモバイルネットワークのコアネットワークと基地局のアップグレードを行う契約を9月に交わしている。この契約にはネットワーク設計、構築、プロフェッショナル・サービスなどが含まれる。ケイマンで提供する21MbpsのHSPAが第一弾のアップグレードとなる。

提供地域は、アンギラ、アンティグア・バーブーダ、バルバドス、イギリス領バージン諸島、ケイマン諸島、ドミニカ、グレナダ、モントセラト、セントキッツ・ネイビス、セントルシア、セントビンセント、タークス・カイコス諸島の主にイギリス領。なお、「4G」化に合わせて5台まで通信できるWi-Fiルータの提供も開始されている。

【参照情報】
Cable & Wireless Communications PLC : LIME launches 4G services 6 October, 2011 [PDF](プレスリリース)
Wi-Fi wherever
Ericsson upgrades Lime mobile networks

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら