WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

国内の通信モジュール市場、2020年に10倍の約4600万契約へ

2012.01.05

Updated by Naohisa Iwamoto on January 5, 2012, 19:07 pm JST

市場調査・コンサルティングを手がけるシード・プランニングは2012年1月5日、携帯電話通信モジュール端末の2020年における将来展望を分析・予測する調査の結果を発表した。2020年度の通信モジュール市場は、2010年度に比べて9.8倍の4652万契約に達するという。

2010年度の契約数は477万契約、年間の販売台数は230万台で、これが2020年度には4652万契約、年間1079万台へと伸びる。端末と通信サービス料金を合わせた金額ベースでは、2020年度に2773億円を予測。これは2010年度の584億円に対して4.7倍に相当するという。最近数年、普及が進んでいるデジタルフォトフレームにより市場が拡大している。2020年度には、電力テレメータやスマートグリッド、テレマティクス、高齢者見守りなどのホームヘルスケア、セキュリティなどの分野でそれぞれ年間100万台以上の市場形成が期待されるとしている。

また、世界の携帯電話モジュール端末市場は、2020年に12億4000万契約と予測。2010年の8000万契約に比べて15.5倍の急増を予想している。EU諸国と米国では、人口とほぼ同数の普及が見込まれると分析している。

201201051907-1.jpg

【報道発表資料】
通信モジュール端末の2020年の展望

医療・健康分野におけるIT・モバイル活用に向けた標準化の動向と事例を紹介した特集はこちら

その全体像を理解するためには、医療機関まで含めた医療情報のIT化動向についてまず知る必要がある。

【特集】モバイルヘルス

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。