WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

着ている服が自動的に生体情報を取得、東レとNTT、ドコモが実用化へ

2014.01.30

Updated by Naohisa Iwamoto on January 30, 2014, 21:02 pm UTC

20140130_toray001.jpg東レ、NTT、NTTドコモは2014年1月30日、服を着ているだけで心拍数や心電波形などの生体情報を取得できるようにする新しい機能素材「hitoe」を開発したと発表した。2014年中に「hitoe」を使ったウエアとスマートフォンサービスの提供を開始したい考えだ。

「hitoe」は、繊維素材であるナノファイバー生地に、高導電性樹脂を特殊コーティングした機能素材。生体信号を高感度で検出できるほか、耐久性に優れ、肌へのフィット感や通気性を損なわないという特性を備える。hitoeを使ったウエアを着用することで、生活の快適性を損ねることなく心拍数や心電波形などの生体情報を計測できるようになる。東レとNTTは、実用化に成功したhitoeを使って、生体情報計測用ウエアの商品化に取り組む。

一方、NTTドコモはhitoeを使った生体計測用ウエアなどのウエアラブル製品を活用したサービスの提供を進める。ドコモ・ヘルスケアが提供する健康プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)」との連携や、スポーツ・健康増進分野でのサービス提供を目指すという。

【報道発表資料】
着るだけで生体情報の連続計測を可能とする機能素材"hitoe"の開発及び実用化について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。