WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

バルセロナの空港では例年のファーウェイに代わってサムスンの広告がお出迎え

2014.02.23

Updated by Naohisa Iwamoto on February 23, 2014, 08:06 am JST

Mobile World Congress 2014(MWC 2014)が開催されるスペインのバルセロナ。来場者や関係者を迎えるバルセロナ エル・プラット国際空港にも、MWCの雰囲気が醸し出されていた。

空港に到着して見回すと、ロビーの光景が最近とは少し違う。少なくともここ3年は、広いロビーの空間にこれでもかとファーウェイのAscendシリーズの広告が並んでいたのに、今年はそれが見当たらない。代わって吊り下げられているのはサムスン電子の広告だ。しかし、それも例年のファーウェイの広告に比べると点数が少なくまばらな印象で、MWCが開催される都市に到着したという雰囲気が少し薄いような気がしたほどだ。

toutyaku001.jpg

とは言え、到着ロビーに出ると各企業のカウンターやMWCのインフォメーションも用意されている。空港でMWCの入構用バッヂを受け取れるようになっているようで、来場者の利便性が考えられている。

toutyaku002.jpg

そして、Androidのマスコット「ドロイド君」が派手に出迎えてくれるのはMWCの時期ならでは。到着した際にはIntel Insideのロゴをつけた2体の着ぐるみが、立ち止まっている人にちょっかいを出したりしていた。MWC 2014は現地時間の2月24日に開幕する。

toutyaku003.jpg

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。