WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ソフトバンク、スマホで子育てを支援する「子育てサポート」を開始

2014.03.17

Updated by Naohisa Iwamoto on March 17, 2014, 18:35 pm UTC

ソフトバンクモバイルは2014年3月17日、スマートフォンを活用して子育てを支援するサービス「子育てサポート」を3月18日に開始すると発表した。専用アプリで利用するリモートカメラ「ベビーモニター」も提供し、スマートフォンなどから赤ちゃんの様子を見守ることができる。

「子育てサポート」は、月額800円の有料サービス。ただし、加入から最大25カ月(MNPで加入の場合は27カ月)は月額800円が無料になる。ベビーモニターを24カ月分割で購入する場合の分割支払金が月額800円なので、差し引き月額800円でベビーモニターを利用したサービスが利用できることになる。加入から2年以内に解約した場合は4524円の契約解除料がかかる。

メニューは主に4つある。「ベビーモニター」は、HD(1280×720ピクセル)の映像で赤ちゃんの様子を見守れるサービス。キッチンからリビングを見守るだけでなく、アプリがあれば遠隔地の祖父母が見守ることもできる。異常検知アラート、声掛け機能も備える。このほか、写真や成長記録を容量無制限で記録・共有できる「子育て日記・母子手帳」、専門家に通話料無料で赤ちゃんの気になる症状を相談できる「子育てQ&A」、月齢に合わせたレシピ閲覧、食材宅配などができる「レシピ&食材宅配」を用意する。

対応端末は、iPhone(iOS 6.0以降)、SoftBankスマートフォン(Android 4.0以降)。ソフトバンク携帯電話取扱店およびMy SoftBankから申し込んで利用を始める。

【報道発表資料】
家族みんなで子育てのよろこびを共有できる「子育てサポート」を3月18日より提供開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。