WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

アップル「ReseachKit」、大手製薬2社が研究開発での活用を検討(Buzzfeed報道)

Apple's new invention could save our future lives!

2015.07.14

Updated by WirelessWire News編集部 on July 14, 2015, 12:49 pm UTC

アップル(Apple)が今年3月に発表した医療研究用ソフトウェアプラットフォーム「ResearchKit」を自社の研究開発に利用しようという動きが、大手製薬メーカーのグラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline)やバーデュ・ファーマ(Purdue Pharma)で進んでいるという。Buzzfeedが米国時間13日付の記事で伝えている。

Buzzfeedによると、グラクソ・スミスクラインでは現在「ResearchKit」を医薬品の臨床試験の一部として活用する作業が進んでおり、今年中には実際の活用も始まる見通し。いっぽう、オキシコンチンを含む鎮痛剤の開発元として知られるバデュー・ファーマでは「ResearchKit」を使ったデータ収集の方法を医薬品の研究開発に活用する具体的方法などが検討されているという。

「ResearchKit」はすでに大学や研究機関などの非営利組織で採用された例があるが、大手製薬会社による活用の検討が伝えられたのは今回が初めて。

「ResearchKit」をベースにしたアプリは、すでに糖尿病や喘息、心臓病などの研究用のものが存在しており、たとえば喘息患者の研究用に開発されたアプリは、リリースから数カ月で7万5000人以上の登録・利用者が集まったという。またアップルは「ResearchKit」「HealthKit」関連でIBM、ジョンソン&ジョンソン(Johnson & Johnson)、メドトロニック(Medtronic)の各社と提携し、データの収集や分析を進めていく計画も明らかにしていた。

【参照情報】
Big Pharma Eyes iPhone For Drug R&D - Buzzfeed
ResearchKit going mainstream in big pharma as GlaxoSmithKline announces plans - 9to5 Mac
Big pharma exploring Apple ResearchKit integration in for-profit efforts - Apple Insider

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら