ドコモの「自然対話プラットフォーム」、三菱東京UFJ銀行の店頭ロボットに採用

Just talk, it will search

2015.07.21

Updated by Naohisa Iwamoto on 7月 21, 2015, 22:08 pm JST

NTTドコモは2015年7月21日、ドコモが開発した「自然対話プラットフォーム」が、三菱東京UFJ銀行の店頭支援用のヒューマノイドロボットの実証実験に採用されたと発表した。

実証実験では、「自然対話プラットフォーム」の持つ意図解釈エンジン、雑談対話エンジンを採用した。金融分野に関する対話だけでなく、幅広い分野の対話や自然な雑談が可能になるという。また意図解釈エンジンを活用することで、株価情報や天気予報などのリアルタイムな情報も提供できるようになる。同日から三菱東京UFJ銀行の一部店舗で、実証実験を行う。

「自然対話プラットフォーム」は、話しかけることで情報を調べて教えてくれるドコモのサービス「しゃべってコンシェル」で利用されている技術に加えて、前後の文脈から文章の意図を読み取る機能などを組み合わせて、パートナーに提供するプラットフォーム。これまでに、タカラトミーと共同開発した次世代コミュニケーショントイ「OHaNAS」(オハナス、10月上旬発売を予定)の対話の仕組みとして採用されたことを発表している(関連記事:タカラトミーとドコモがコミュニケーション玩具、「しゃべってコンシェル」の技術を活用)。

【報道発表資料】
ドコモの「自然対話プラットフォーム」が店頭支援ロボットの実証実験に採用

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED NEWS