ドコモ、PREMIUM 4Gを最大262.5Mbpsに高速化、iPhone 6s/6s Plusが対象

2015.09.10

Updated by Naohisa Iwamoto on 9月 10, 2015, 11:12 am JST

NTTドコモは2015年9月10日、LTE-Advancedの技術を用いた高速データ通信サービス「PREMIUM 4G」を、国内最速となる受信時最大262.5Mbpsへ高速化すると発表した。これまでは受信時最大225Mbpsのサービスとして提供していた。

PREMIUM 4Gでは複数の周波数帯を束ねて利用する「キャリアアグリゲーション」(CA)の技術を採用して、高速データ通信を実現している。これまでは「1.5GHz帯の112.5Mbps+2GHz帯の112.5Mbps」といった組み合わせで、最大225Mbpsのサービスを提供してきた。今回の高速化では、「1.7GHz帯の150Mbps+2GHz帯の112.5Mbps」といった組み合わせで262.5Mbpsを実現する。

対応端末は9月25日に発売を予定しているアップルの「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」。これらの機種では、最大262.5Mbpsの対象地域以外では受信時最大187.5Mbpsとなるという。また送信時は最大50Mbpsとなる。

最大262.5Mbpsの高速データ通信サービスを提供するのは、1都2府15県(東京都、大阪府、京都府、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県、愛知県、岐阜県、三重県、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県、静岡県)の一部。

【情報サイト】
PREMIUM 4G

※修正履歴:
サービス提供地域として、NTTドコモの発表文に誤りがありました。栃木県が2回掲出され、静岡県が抜けていたとの連絡を受け、修正いたしました[2015/09/10 14:05]

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。