「迷惑電話ブロック」をSoftBank、Y!mobileの携帯電話向けに開始、発信時の警告も

2015.11.18

Updated by Naohisa Iwamoto on 11月 18, 2015, 17:54 pm JST

ソフトバンクは2015年11月18日、SoftBank、Y!mobileブランドの一部の携帯電話端末に向けて、「迷惑電話ブロック」サービスを開始すると発表した。対応機種の発売に合わせて提供を始める。

「迷惑電話ブロック」は月額300円のサービスとして提供する。対応機種はSoftBankブランドが「AQUOS ケータイ」「DIGNO ケータイ」「かんたん携帯9」、Y!mobileが「AQUOS ケータイ 504SH」「DIGNO ケータイ 502KC」。ソフトバンクでは旧ウィルコム時代から固定電話向けのアダプター「迷惑電話チェッカー」の提供やPHS向けのサービスを提供してきた。今回はフィーチャーフォンタイプの端末に向けたサービスとして提供する。

サービスは、トビラシステムズが独自に収集した不審な電話番号のデータベースを使って、迷惑電話と考えられる電話番号を自動的に判別するもの。危険と思われる電話番号からの着信時には携帯電話の画面上に警告を発する。また、個別に拒否したい電話番号を登録することで、着信の自動拒否も可能だ。

今回は、着信時の警告以外の機能も追加して提供する。その1つが、公共機関や企業からの着信は、ハローページの600万件の情報を基にしたデータベースにより、電話番号と名称を自動的に画面に表示するというもの。もう1つは、自分から電話を発信するときにも、着信時と同様に警告、自動拒否、名称表示が実行されるというもの。発信時の警告はバイブの振動で注意を喚起する。

【報道発表資料】
「迷惑電話ブロック」を提供開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。