WCP、AXGPによるMassive MIMOの実証実験を東京で実施

2015.11.24

Updated by Naohisa Iwamoto on 11月 24, 2015, 17:41 pm JST

Wireless City Planning(WCP)は2015年11月24日、Massive MIMOを用いた通信システムの実験試験局免許を同日に取得したと発表した。TD-LTE互換のAXGP方式で、Massive MIMOによる周波数利用効率と実効速度の向上を目指す。

Massive MIMOは、基地局のアンテナの数を格段に増やすことで、通信容量の拡大や、端末のある場所だけに効率的に電波を飛ばすビームフォーミングなどを実現する技術。高い周波数を利用することが想定される5Gの主要技術として研究開発が進められている。

WCPは2015年11月24日から2016年10月31日にかけて、東京都港区の芝大門エリア、東京都中央区の八丁堀エリアで実証実験を実施。2.5GHzのMassive MIMO基地局を4局用意し、AXGP方式での通信容量拡大の検証を行う。実験では、基地局に従来の16倍~32倍のアンテナを設けることで、各端末に向けた信号を高い精度で空間的に分離する。これにより、同じ周波数を同時に複数の端末に割り当てることが可能になり、高い周波数効率を得られるという。また、上り信号の波形の歪などの情報を下り信号に反映することで、端末が受信する電波を補正する技術も実装される予定で、周波数の使用効率を一層高められると見ている。

【報道発表資料】
Massive MIMOの実験試験局免許取得ついて

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED NEWS