フランス 道路 イメージ
AR ナビゲーション イメージ
自動運転 イメージ

LATEST NEWS

自動運転の大型トラック隊、導入実現へのリスク懸念

イギリスの高速道路に、自動運転の大型トラックが2019年から登場するかもしれない。イギリス運輸省が2014年から検討し、今年8月25日に方向性を発表した。政府基金810万ポンドを投じたトライアル結果を受けて、年末までには導入の方針が固める見込み。

2017.09.11

自動運転に関連した海外メディアの報道 2017/9/8

PSAグループ、フランスでの自動運転試験でAIモーティブと協力【Tech Crunch】 プジョーなどのブランドを持つPSAグループが6日、ハンガリーの自動運転ベンチャーのAIモーティブとフランスの高速でのレベル4の自動 […]

2017.09.08

自動運転に関連した海外メディアの報道 2017/9/1

自動運転車は本当にハッキングしやすいか?【The Guardian】 自動運転車については、ハッキングのリスクがこれまでの自動車以上に懸念されているが、セキュリティ専門家で自動車ハッキングを専門とするクレイグ・スミス氏に […]

2017.09.01

自動運転に関連した海外メディアの報道 2017/08/01

自動運転の商用トラックをもはや無視できない理由[Jalopnik] 米下院が先ごろ承認した新たな自動運転ルールでは、商用トラックについてはテスト拡大のための規制緩和の対象に含まれなかった。自動運転トラックについては、40 […]

2017.08.01

ジオターゲティング広告と顧客行動解析を連携、東急エージェンシーが新O2Oソリューション

商業施設などへの来館を促すジオターゲティング広告と、その効果測定、および来館者の館内行動の解析を連動させたO2Oソリューションの提供が始まる。東急エージェンシーが開発し、販売を開始した「Activation Manager GEO」がそれだ。

2017.07.11

貧富格差を拡大する方向に進んできた日本の税制

資本主義社会では必然的に貧富格差は拡大する——トマ・ピケティは「21世紀の資本」でそのように主張し、是正策として全世界的な資本に対する累進課税を主張した。多数の国家が強調して資本に対して課税する——非常に困難であることは明白だが、ピケティは「それ以外の方法はない」とする。では、既存の税制の中で貧富格差の拡大を防ぐことはできないのだろうか。

2017.07.10

スマホ感覚でSNSをコンテンツ化、デジタルサイネージ管理システム「ENPLUG」サガシキが販売開始

米国で1000社以上の企業に導入されているクラウド型デジタルサイネージ管理システム「ENPLUG(エンプラグ)」が日本に上陸する。パッケージやダンボールのデザイン、製造などを行うサガシキが日本国内での独占販売権を獲得し、 […]

2017.06.07

科学技術の進歩と超絶貧富格差拡大——1977年の大純情くん

前回、現在世界で起きていることを8個の項目をまとめた。今回は9番目と10番目として、これから起きるであろうことを追加しよう。     1)技術革新が情報と物流を効率化する。 2)その結果、経済のグロー […]

2017.06.05

技術の進歩は受け入れるしかないが

技術革新がグローバリズムによる高速の経済運動を引き起こし、その結果が「風が吹けば桶屋が儲かる」のように連鎖して、ポピュリズムの台頭を招くーーポピュリズムに賢く危機を乗り切る知恵はない。新たな状況に直面して恐怖に身がすくん […]

2017.05.22

経済の時間と、人間の時間の軋轢

グローバリズム、あるいはグローバリゼーションという言葉は、「世界を一つの共同体と見なすこと」「一つの共同体化すること」という意味を持つ。一つの共同体とは、ひとつの政治権力、ひとつの通貨、一つの経済圏といったことであろう。 […]

2017.05.15

ARCHIVES