LATEST NEWS

スマホ感覚でSNSをコンテンツ化、デジタルサイネージ管理システム「ENPLUG」サガシキが販売開始

米国で1000社以上の企業に導入されているクラウド型デジタルサイネージ管理システム「ENPLUG(エンプラグ)」が日本に上陸する。パッケージやダンボールのデザイン、製造などを行うサガシキが日本国内での独占販売権を獲得し、 […]

2017.06.07

科学技術の進歩と超絶貧富格差拡大——1977年の大純情くん

前回、現在世界で起きていることを8個の項目をまとめた。今回は9番目と10番目として、これから起きるであろうことを追加しよう。     1)技術革新が情報と物流を効率化する。 2)その結果、経済のグロー […]

2017.06.05

技術の進歩は受け入れるしかないが

技術革新がグローバリズムによる高速の経済運動を引き起こし、その結果が「風が吹けば桶屋が儲かる」のように連鎖して、ポピュリズムの台頭を招くーーポピュリズムに賢く危機を乗り切る知恵はない。新たな状況に直面して恐怖に身がすくん […]

2017.05.22

経済の時間と、人間の時間の軋轢

グローバリズム、あるいはグローバリゼーションという言葉は、「世界を一つの共同体と見なすこと」「一つの共同体化すること」という意味を持つ。一つの共同体とは、ひとつの政治権力、ひとつの通貨、一つの経済圏といったことであろう。 […]

2017.05.15

情報と人・モノの流れが社会を変える

前回、「情報の流通が、社会制度を規定する」という話を書いた。あるいはピンと来なかったかも知れない。が、「人とモノの流れに関する技術が、社会制度を規定する」というと、多くの人は割と素直に「そうだろう」と思うのではなかろうか […]

2017.04.24

DeNAとヤマト運輸、自動運転・配送実現に向け「ロボネコヤマト」実用実験をスタート

国家戦略特区である神奈川県藤沢市の一部で、自宅以外の場所でも任意の時間に荷物が受け取れるオンデマンド配送と、買い物代行の実用実験を開始する。

2017.04.17

理研AIPが東芝・NEC・富士通とAI研究で連携センターを開設

2017年4月から2022年3月までの5年間で人工知能関連の基盤技術創出を目指す。

2017.03.10

リアルタイム需要予測でサービスを効率化 「AI運行バス」実現目指しドコモと未来シェアが協業

ドコモのリアルタイム移動需要予測技術を利用。「移動需要に応じて」「最適な時間に」「最適なルート」を走行することが可能となるモビリティサービスプラットフォームの2018年度中の実用化を目指す。

2017.03.10

世界初のドローン郵便配達を認可したフランスの狙い

ドローンを配送に使用するための実証実験が盛んになってきていますが、フランス郵便局は、世界初の試みとしてドローンを配達に使用します。   週一回、フランス郵便局(Le Groupe La Poste)傘下のDPD […]

2016.12.23

[PR]IoTによるビジネスプロセス転換で顧客体験を最大化 富士通がデジタルマーケティングフォーラムを開催

オープニングセッションの基調講演では中西 大介 氏(公益社団法人 日本プロサッカーリーグ 常務理事)が登壇。

2016.10.31

ARCHIVES