WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

小売 棚 消費者 イメージ
ロンドン スピタルフィールズ 人々 イメージ
買い物 決済 取引 イメージ
小売 店員 コロナ イメージ
食品 農業 テクノロジー イメージ

LATEST NEWS

マイクロソフト、急成長する食料品技術市場で中国企業と提携(他2本)

Hanshowは中国や欧州のスーパーマーケットを主要顧客としており、リアルタイムで価格変更ができる電子棚札や配達のための農産物のパッキング時間を短縮できるシステム、小売事業者が世界中の生鮮商品の温度を同時に確認できるクラウドベースのプラットフォームなどを提供している。

2021.05.31

アマゾン、ロンドンにヘアサロンをオープン - ARやその他の小売技術のテストに活用へ(他2本)

新たなヘアサロンでは、ヘアカラーのシミュレーションなどを可能にするAR技術や「point-and learn」技術(顧客が陳列棚の商品を指差すことでスクリーン上にその商品に関する動画やその他の詳細が表示される仕組み)などのトライアルが実施される。

2021.05.07

DXのビジネスチャンスは身近なところに

DXというと、革新的なソリューションを入れたり、新たにシステムを導入しなければならないのではないか、と思っている方が多いわけですが、実は多くのDXは、これまで行われてきた業務の一部を既存のテクノロジーを使ってデジタルに置き換える、というパターンが案外多いのです。

2021.04.23

パンデミックで急加速する小売業のロボット導入(他2本)

新型コロナウイルスのパンデミックにより小売分野でのオートメーション技術の開発や導入は急拡大しており、店舗や倉庫での床掃除や棚のスキャンなど様々なタスクを行うロボットの販売数も急増しているという。

2021.04.16

LoRaWAN利用の業界特化型IoTソリューション、IIJが食品業界や農業向けに

IoT活用までには多くの手間やコストがかかる。これらを削減できる業界特化型のソリューションを、インターネットイニシアティブ(IIJ)が相次いで発表している

2020.06.19

メルカリが海外でうまくいかない理由

日本では大人気のメルカリですが、黒字転換する先行きが見えないようで、今後どうなるのかということが最近は話題になっていますね。 最近の赤字は、米国事業が伸び悩んでいること、決済サービスの「メルペイ」事業の投資が理由です。 […]

2019.11.28

オンラインショッピングから学ぶ各国の社会構造の違い

オンラインショッピングは、いまや全世界で当たり前になりつつありますが、流行る理由は各国、各地域ごとに異なるのが興味深く、市場や社会の仕組みの違いがよくわかります。 例えば、アフガニスタンでは爆弾とセクハラを避けるためにオ […]

2018.07.28

グローバル企業を支援するスケーラブルなIoTサービス、KDDIと日立の協業で19年提供へ

KDDIと日立製作所は連携し、グローバルIoT事業に乗り出す。グローバルで事業展開を図る企業に向けたIoTプラットフォームを提供し、顧客企業の新しい価値創出やビジネス変革を支援する。

2018.06.08

AI分析からわかる複数デバイス利用者のコンバージョン率の高さ――台湾AppierのAIソリューション【後編】

AI(人工知能)を活用したマーケティングソリューションなどを手がける台湾のAppierは、複数デバイスを利用するエンドユーザーのコンバージョン率が高くなることを調査結果から示した。

2018.04.19

LINEとも連携、AIでユーザーの行動を予測――台湾AppierのAIソリューション【前編】

「AIをより簡単にしていきたい--」。LINEとの連携を発表し、マーケティング分野でのAI活用支援をっ強化する台北Appier(エイピア)のAIソリューションについて、その方向性を見ていこう。

2018.04.17

ARCHIVES