WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

LATEST NEWS

AI分析からわかる複数デバイス利用者のコンバージョン率の高さ――台湾AppierのAIソリューション【後編】

AI(人工知能)を活用したマーケティングソリューションなどを手がける台湾のAppierは、複数デバイスを利用するエンドユーザーのコンバージョン率が高くなることを調査結果から示した。

2018.04.19

LINEとも連携、AIでユーザーの行動を予測――台湾AppierのAIソリューション【前編】

「AIをより簡単にしていきたい--」。LINEとの連携を発表し、マーケティング分野でのAI活用支援をっ強化する台北Appier(エイピア)のAIソリューションについて、その方向性を見ていこう。

2018.04.17

ケンタッキーフライドチキンとITエンジニアの賃金の関係

先日、英国で「KFC crisis」 という事件が重大な社会問題として注目されました。KFC、つまりケンタッキーフライドチキンの英国における900店舗の約半分が閉鎖されてしまったのです。 ・KFC chicken sho […]

2018.02.23

鉄道の独自ネットワークをサイバー攻撃から守る「Cylus」

明治時代に鉄道と電信が欧米から日本に持ち込まれて、日本国内に鉄道網と電信電話網が拡がった。それぞれ欧米の技術を取り入れながら日本のインフラストラクチャーとして整備を続けてきた。

2018.02.20

横浜「JOINUS」でIoTを使った来店状況を分析、KDDIなどが実証へ

相模鉄道本線横浜駅と一体化した大規模な商業施設「JOINUS」で、IoTを活用した来店状況の分析の実証実験が始まる。

2018.01.25

食品の賞味期限の精度を向上させる「TTIラベル」

イスラエルのスタートアップ「Freshpoint」は、TTI(Time Temperature Indicator:時間温度インディケーター)を開発している。これは、時間の経過と温度の変化により、色の変化するラベルである。

2018.01.23

「ナノパック」で食品を長期保存

「NanoPackプロジェクト」は、イスラエル工科大学(テクニオン)が主導する国際的なプロジェクトで、食品の流通販売の変革を目指している。その名が示すように、ナノテクノロジーを応用して、微生物を侵入させないパッケージを作るのが目的。

2017.12.15

海運セクターの改革、ブロックチェーンで荷物を運ぶ

イスラエルの大手海運会社が、米国の「SPARX Logistics社」、イスラエルのスタートアップ「Wave社」と共に、海運業界に変革をもたらすかも知れない実証実験を行った。運輸業者が荷主に対して、荷物を受け取ったことを証するために発行する船荷証券をブロックチェーンでペーパーレス化する。

2017.12.01

月額40円からのセルラーLPWA、KDDIがIoT向けに提供

既存の携帯電話網を活用するセルラーLPWA(Low Power Wide Area)のサービスが国内で始まる。KDDIが2018年1月に提供予定の「KDDI IoTコネクト LPWA(LTE-M)」がそれだ。

2017.11.21

[PR]オプティムの“Just Realize!”は、AIファーストが実現する「今すぐ使えるIoT」

2017年10月3日、オプティムはCEATEC JAPAN 2017の開幕に合わせ、AI・IoT新製品発表会を行った。「Just Realize!」のコンセプトのもと、鉄道、小売、飲食、製造、電力、医療、介護、建設、ビルメンテナンス、コールセンターの10業界に対して8つの新製品を発表した。

2017.10.24

ARCHIVES