WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

Amazon Prime Air(amazon)

アマゾン、オーストリアにドローン関連の新研究開発設立(The Verge報道)

2016.05.11

Updated by WirelessWire News編集部 on May 11, 2016, 12:44 pm UTC

アマゾン(Amazon)が先ごろ、同社が準備を進めるドローン配送サービス「Prime Air」の新たなドローン開発センターをオーストリアのグラーツに設立したことが明らかになった。

The Vergeによると、アマゾンはグラーツの新拠点にコンピュータービジョンの専門家を集め、ドローンに使われるセンシング技術にフォーカスして開発を進めていくという。この開発チームには、数多くのマイクロソフト(Microsoft)出身者も含まれ、またコンピュータービジョン分野で欧州のトップクラスとされる研究者も複数含まれているとされている。

TechCrunchによると、アマゾンはすでに北米、英国、イスラエルに「Prime Air」関連の開発拠点を設けており、オーストリアの拠点は4箇所め。ただ、オーストリアの開発チームがグラーツ工科大(Technical University of Graz)と緊密に連携していくとあるだけで、コンピュータビジョン関連の開発拠点がグラーツに置かれることになったかなどには触れていない。

同チームのコンラッド・カーナー(Konrad Karner)氏という責任者はThe Vergeに対して、「ドローンが安全に運行するには、周囲の状況を精確に認識するだけでなく、認識される各物体の特性を理解する必要もある」などとし、単なる形状の認識だけではドローンがたとえば表面が平らにみえるプールを着陸に最適な場所と勘違いしてしまう可能性があるなどと説明している。

なお、商用ドローンの利用をめぐっては、現在米連邦航空局(FAA)で新たなルールの検討が行われており、今年中に最終的なルールがまとまるとみられている。また、同様のドローン配送サービスについては、グーグル(Google)やウォルマート(Walmart)でも計画を発表しており、アマゾンでは、FAAのルールが定まり次第ドローン配送サービスを開始するとしている。

【参照情報】
Amazon's drone program acquires a team of Europe's top computer vision experts - The Verge
Amazon Prime Air opens Austrian outpost with focus on sense-and-avoid tech - TechCrunch
Computer vision is key to Amazon Prime Air drone deliveries - Engadget

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら