三菱商事と日立、産業用リモートセンシングサービスを提供する合弁会社を設立

2016.12.05

Updated by Asako Itagaki on 12月 5, 2016, 18:33 pm JST

三菱商事と日立製作所は、ドローンをはじめとする航空機や人工衛星による上空からのデータ取得と、クラウドによるデータ解析を組み合わせた産業用リモートセンシングサービスの企画、開発、販売を行う合弁会社「株式会社スカイマティクス」を設立する。また、三菱商事は産業用ドローンの技術開発を行うプロドローンに出資する。

20161205-skymatix

日立製作所のIT・社会インフラ両分野の専門技術とプロドローンの産業用ドローン開発力を組み合わせ、三菱商事が開拓する顧客ニーズに対応する、データの取得から解析までを提供するソリューションを提供する。上空からのデータを取得し解析するシステムを自社で構築運用することは容易ではない。新会社では、さまざまな産業分野におけるソリューションに対し、サービスとしてこれらの機能を提供する。

2017年から、農業分野と建設分野でのソリューション提供を開始する。農業分野においては、専用ドローンによる農薬散布のサービスや生育状況を分析するサービスを提供する。建設分野では、ドローンで現場の部品につけたICタグを読み取り、効率的かつ安全に部品の加工状態や在庫状況を確認できるサービスを提供する。将来的には、これらのソリューションを提供する過程で蓄積されるビッグデータとIoT技術を組み合わせ、データプラットフォームサービス提供も目指す。これにより、各産業分野の行動・意思決定につながる高度な解析や産業分野を超えた新しい価値創出を支援する。

【報道発表資料】
ドローンを活用した産業用総合リモートセンシングサービス会社を設立

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集委員。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2010年4月から2017年9月までWirelessWire News編集長。「人と組織と社会の関係を創造的に破壊し、再構築する」ヒト・モノ・コトをつなぐために、自身のメディアOrgannova (https://organnova.jp)を立ち上げる。