WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

全米オープンテニスに活用されるIBMワトソンの技術 ほか

AI News September 1st week,2018

2018.09.07

Updated by Wataru Nakamura on September 7, 2018, 11:00 am UTC

中国のAIベンチャー、2017年のVCファンディングによる調達資金総額で米国を上回る【Tech Republic】
調査会社ABIリサーチが米国時間8月27日にリリースした新たなレポートによれば、中国のAIベンチャーは2017年、VCファンディングで調達した資金総額が49億ドルで、米国のAIベンチャーの総額を上回ったという。世界各国のAIベンチャーによる調達資金総額は昨年、前年比150%増の107億ドルに達し、米国は44億ドルであった。

原文:Chinese AI startups raised $5B in VC funding last year, outpacing the US

グーグル、強化学習フレームワークをオープンソース公開【Internet of Business】
グーグルは同社の機械学習ライブラリ「TensorFlow」をベースにした強化学習フレームワーク「Dopamine」をオープンソースで公開。傘下のディープマインド(DeepMind)の囲碁ソフトウェア「Alpha Go」などで採用されている機械学習の手法の1つだが、Dopamineは既存の強化学習フレームワークに比べて柔軟性や安定性、再現性に優れているという。

原文:A.I.: Google releases open source framework for reinforcement learning

JPモルガン、AI関連の取り組みにグーグル幹部を引き抜き【CNBC】
JPモルガン・チェースが先ごろ、グーグルのAI製品のプロダクトマネージャーを務めていたアプールブ・サクセナ(Apoorv Saxena)氏を引き抜いたという話をCNBCが報道。サクセナ氏は8月31日付けでJPモルガンに入社し、AI・機械学習サービス部門およびアセット&ウェルスマネジメントAI技術部門の責任者に就任する。

原文:JP Morgan just hired a top Google executive in a big bet on artificial intelligence

全米オープンテニスに活用されるIBMワトソンの技術【Tech Republic】
全米テニス協会は、先ごろ始まった全米オープンからIBMワトソンのサポートを受けた新たなハイライトシステムを導入。このシステムは、各試合における重要な局面やプレーデータをAIによって分析し、コーチが容易にアクセス・利用できるというもの。通常は長時間を要する試合の分析をAIによって数分で完了できるという。

原文:IBM Watson is making AI an important player in the US Open

「誰もがダンサーに」UCバークレー研究チームの新たなAI技術【The Verge】
UCバークレーの研究チームが、ある人物の動きを動画から抽出し、他の人物の身体で再現する新たなAI技術に関する論文を「arXiV」に投稿。ダンス版「ディープフェイク(深層学習を利用し、動画の人物の顔を偽物と見分けられないほどリアルな形で別人に差し替える技術)」とも言える技術として注目を集めている。

原文:Deepfakes for dancing: you can now use AI to fake those dance moves you always wanted

中国投資家が警告「国内の9割のAIベンチャーに訪れる審判の日」【South China Morning Post】
香港の資産運用会社チャイナ・エバーブライトでニューエコノミーファンドの運用責任者を務めるアイ・ユー氏が、重慶のスマート・チャイナ・エキスポのなかで、近年の中国におけるAIベンチャー投資の著しい拡大に言及。国内のAI産業のバブルに崩壊の兆しがあるとしながら、今後2年で中国のAIベンチャーの90%が困難な状況に直面すると予想している。

原文:Investor warns of day of reckoning for 90 per cent of Chinese AI start-ups as funding dries up

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら