WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

AI ロボット 資金 イメージ

欧州の40%のAIスタートアップが実際はAIを使用していない?新たな調査で明らかに ほか

AI News March 2nd week,2019

2019.03.11

Updated by Wataru Nakamura on March 11, 2019, 14:05 pm UTC

欧州の40%のAIスタートアップが実際はAIを使用していない?新たな調査で明らかに【The Verge】
ロンドンのVCであるMMCが欧州13カ国でAI企業に分類される2830社を調査。この結果、全体の40%が実際はAIを事業の中心に据えていないことが明らかになったという。MMCによれば、AI企業と分類された場合、他業種の企業より15〜50%多くの投資を集める傾向があるといい、一部のスタートアップが分類を修正しない動機になっていると見られる。

原文:Forty percent of ‘AI startups’ in Europe don’t actually use AI, claims report

グーグル、AIレストラン予約サービスの「Duplex」を米国43州でスタート【Tech Crunch】
グーグルがAI音声アシスタントを活用したレストラン予約サービス「Duplex」を、新たに米国43州で利用可能にする。同サービスは今週、グーグルの「Pixel 3」のユーザーを対象に米国43州でのサービスが開始され、今後数週間以内に他のAndroid/iOS端末でもサービスが利用可能になるという。グーグルでは昨年のI/Oカンファレンスでこのサービスを発表後、米国の4都市でテストを開始していた。

原文:Google brings its Duplex AI restaurant booking assistant to 43 states

医療分野への参入を目指すアマゾン、ハーバード大関連病院とAIプロジェクトで協力【Bloomberg】
アマゾンは米国時間3月4日、アマゾン・ウェブ・サービス部門がベス・イスラエル・ディーコネス・メディカルセンター(ハーバード大医学部の付属教育病院)と医療サービス効率化のためのAIテストで協力することを発表。このプロジェクトでは、患者のスケジューリングなど、病院の日常業務の効率化にAIを活用するという。

原文:Amazon Gives AI to Harvard Hospital in Tech’s Latest Health Push

AIとIoTを組み合わせてスマートシティ化を促進する中国Terminus【Forbes】
中国スタートアップの特斯联(Terminus)は、AIとIoTを組み合わせて建物やコミュニティ、街をスマート化する技術を提供しており、評価額は10億ドルを突破している。たとえば、上海の集合住宅に導入された同社のシステムは、敷地内の住民や訪問者、車の動きなどをリアルタイムで把握することを可能にし、盗難などの一般的犯罪の発生率を大幅に低下させた。

原文:Chinese Unicorn Terminus Combines AI And IoT To Empower Smarter Cities

潜在的な万引き犯を発見するAI技術【Bloomberg】
日本のバーク(Vaak)というAIスタートアップが、監視カメラの映像から潜在的な万引き犯を発見するAI技術を開発。このAIシステムは、監視カメラ映像を独自のアルゴリズムで分析し、怪しい動きをする買い物客がいた場合にスマートフォンアプリを通じて店員に知らせるというもの。同社はすでに大手コンビニチェーンやドラッグストアチェーンからアプローチを受けている。

原文:These Cameras Can Spot Shoplifters Even Before They Steal

コムキャスト、AIサイバーセキュリティのBluVectorを買収【ZDNet】
コムキャストは先ごろ、機械学習を使ったサイバーキュリティディフェンス技術を開発するブルー・ベクター(BluVector)の買収で合意したことを発表。コムキャストはブルー・ベクターの事業を拡大し、新たなサイバーセキュリティ技術の開発を目指すという。

原文:Comcast buys BluVector, an AI cybersecurity firm

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら