WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

軍事 イメージ

傘下VCを通じて軍事・警察関連のAI技術への投資を続けるグーグル ほか

AI News August 1st week,2019

2019.08.06

Updated by Wataru Nakamura on August 6, 2019, 07:00 am UTC

グーグル傘下のディープマインド、医師より48時間早く急性腎障害を予測できるAIを開発【CNBC 7/31】
グーグル傘下のAI開発企業であるディープマインド(DeepMind)は7月31日付けの「Nature」誌に掲載された論文の中で、人工透析が必要になりそうな急性腎障害の90%を正確に予測できるアルゴリズムを開発したことを明らかにした。この技術は、様々な症状から医師が急性腎障害を診断できる48時間前にはその兆候を発見できるという。

原文:Google’s DeepMind says its A.I. tech can spot acute kidney disease 48 hours before doctors spot it

傘下VCを通じて軍事・警察関連のAI技術への投資を続けるグーグル【Intercept 7/24】
昨年、米国防省との極秘AIプロジェクト「Project Maven」が多くの従業員から反発を招いていたグーグルが、傘下のVCであるグラディエント・ベンチャーズ(Gradient Ventures)を通じて軍事・警察関連のAI技術に引き続き関わっているという話をThe Interceptが伝えている。この報道によれば、グーグルは同VCを通じて様々な分野のAIスタートアップに技術面・エンジニアリング面でのサポートを提供しており、このようなスタートアップに軍や警察当局にAI技術を提供している企業が含まれているという。

原文:GOOGLE CONTINUES INVESTMENTS IN MILITARY AND POLICE AI TECHNOLOGY THROUGH VENTURE CAPITAL ARM

BMWやトヨタが投資するAIスタートアップ「自動運転タクシーは2024年までコスト・技術面で実現可能ではない」【Forbe 7/31】
BMWやトヨタのVCが投資するサンフランシスコのAIスタートアップであるリコグニ(Recogni)は、最低限のエネルギー消費で大量の情報を処理できる自動運転車向けのAIプラットフォームを開発している。同社では、コストや技術の面で自動運転車が実現可能になるのは2024年以降になると予想している。

原文:AI Startup Funded By BMW And Toyota Says Robotic Taxis Feasible In 2024

中国研究チーム、汎用人工知能に応用できる可能性もある新たなハイブリッドチップを開発【South China Morning Post 8/2】
清華大学の施路平教授らの研究チームが、7月31日付けの「Nature」誌でカバーストーリーとして掲載された論文の中で、将来的に汎用人工知能(artificial general intelligence、AGI)に応用できる可能性があるハイブリッドチップ「Tianjic」を発表。このチップはコンピューター科学と神経科学の両方のアプローチを統合して設計された画期的なものだという。

原文:Chinese researchers develop hybrid chip design that holds promise for ‘thinking machines’

2019年、AIスタートアップへの投資は過去最高に【Observer 7/26】
調査会社CBインサイツ(CB Insights)の最新レポートによれば、2019年第2四半期の世界のAIスタートアップへの投資総額は74億ドルと過去最高になったという。同レポートによれば、大部分の資金は公共交通およびヘルスケア関連のAIスタートアップに流れており、評価額10億ドル以上の「ユニコーン」と呼ばれるAIスタートアップの数は、2017年の11社から現在は18社まで増加しているという。

原文:Funding for Artificial Intelligence Startups Reaches Record High in 2019

VMウェア、通信キャリア関連事業の拡大にAIスタートアップのUhanaを買収【Silicon Angle 7/26】
米IT企業のVMウェア(VMware)は現地時間7月25日、カリフォルニア州パロアルトのAI企業であるウハナ(Uhana)の買収を発表。ウハナはスタンフォード大のサチン・カッティ(Sachin Katti)准教授らが2016年に立ち上げたスタートアップで、通信キャリアが自社ネットワーク最適化の方法を発見する手助けをするAI分析プラットフォームを開発している。

原文:VMware acquires NEA-backed AI startup Uhana to boost carrier business

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら