WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

韓国 ネットワーク テクノロジー イメージ

韓国、2028年までに6Gサービスの商用化を目指す 他2本

5G News March 3rd. week, 2022

2022.03.15

Updated by Wataru Nakamura on March 15, 2022, 07:00 am JST

韓国、2028年までに6Gサービスの商用化を目指す【Yonhap News Agency 3/2】
韓国科学技術情報通信部のイム・ヘスク長官は3月2日、バルセロナで開催された「MWC 2022」の中で、同国が2028年までの6Gサービス商用化を目指すことに言及した。「現行サービスの50倍の速度を持つネットワークと最大で地上から10kmまで拡大したカバレッジを提供する」と語った。またヘスク長官は、米国やフィンランド、インドネシアと2国間会談を行い、5Gや6G、メタバースに関するパートナーシップについて議論したことも明かしている。

原文:S. Korea aims to commercialize 6G mobile services by 2028: ICT minister

LG CNS、韓国で2番目のローカル5G事業者に【Aju Business Daily 3/3】
LGグループでシステム関連サービスを手がけるLG CNSは、韓国で2番目のローカル5G事業者となるための認可を政府に申請した。AIやビッグデータ、IoTをベースにした統合スマート工場プラットフォーム「Factova」を展開している同社は、「5Gとスマート工場を組み合わせ、製造業顧客のDXを加速させる」とコメントしている。

原文:LG CNS applies for government permission to become second private 5G network operator

ノキア、5Gオープンイノベーションラボへの参加を発表【Nokia 3/8】
フィンランドのノキアは3月8日、シアトル近郊を拠点とするグローバルなテクノロジー・エコシステム「5G Open Innovation Lab」に企業スポンサーとして参加したと発表した。既にノキアは、同ラボと複数のプログラムに取り組んでおり、農業の課題解決のための5G屋外実験の支援なども行っているという。

原文:Nokia joins 5G Open Innovation Lab to advance technologies and co-creation of new services ecosystems

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

中村 航(なかむら・わたる)

1985年生まれ。福岡県福岡市出身。翻訳者。テクノロジーやファッション、伝統工芸、通信、ゲームなどの分野の翻訳・校正に携わる。WirelessWire Newsでは、主に5G、セキュリティ、DXなどの話題に関連する海外ニュースの収集や記事執筆を担当。趣味は海外旅行とボードゲーム。最近はMリーグとAmong Usに熱中。