WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

アリゾナ 交通 ネットワーク イメージ

米Viavi Solutions、6G研究を支援する新たなプログラムを発表

5G News Aug 4th. week, 2022

2022.08.23

Updated by Wataru Nakamura on August 23, 2022, 15:27 pm JST

ネットワークのテストや監視、保証ソリューションを手がける米Viavi Solutionsは8月16日、将来の6Gシステムに関する学術・産業界の研究を支援する新たなプログラム「6G Forward」を発表した。このプログラムは、次世代の無線技術のブレイクスルーにつながる有望な研究に対して、重要な専門知識や技術、資金を提供するのが狙いである。

Viaviは2015年設立。アリゾナ州スコッツデールに本社を置き、ネットワークのテストや監視のための機器を製造。また、素材の品質管理や紙幣の偽造防止、3Dモーションセンシングなど、様々な用途に活用される光学技術も開発している。

同社は既に、米国のノースイースタン大学とテキサス大学オースティン校、英国のサリー大学を支援。ノースイースタン大では、ワイヤレスIoT研究所(Institute for Wireless Internet of Things)およびOpen6G共同研究センターを支援。テキサス大オースティン校では、ワイヤレスネットワーキング通信グループ(Wireless Networking and Communications Group:WNCG)の6G@UT研究センターを支援。サリー大では、5G、5G+および6Gインフラ開発における主要な課題に取り組む5G/6Gイノベーションセンターの創設メンバーとなっている。

ViaviのIan Wong CTOは「当社は学術界のパートナー各位と魅力的で有益な交流を行っており、将来的にこのプログラムの規模をさらに拡大したいと考えている」とコメントした。

[原文/関連情報]
VIAVI 6G Forward Program Drives Academic and Industry Research
Viavi expands support to 6G research initiatives
Viavi announces 6G academic and industry research programme

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

中村 航(なかむら・わたる)

1985年生まれ。福岡県福岡市出身。翻訳者。テクノロジーやファッション、伝統工芸、通信、ゲームなどの分野の翻訳・校正に携わる。WirelessWire Newsでは、主に5G、セキュリティ、DXなどの話題に関連する海外ニュースの収集や記事執筆を担当。趣味は海外旅行とボードゲーム。最近はMリーグとAmong Usに熱中。