WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

倉庫 物流 オートメーション イメージ

Betacom、Industry 4.0向けローカル5G推進でQualcommと提携

5G News Nov 4th. week, 2022

2022.11.25

Updated by Wataru Nakamura on November 25, 2022, 07:00 am JST

ローカル無線インフラを手がける米Betacomは11月15日、米国企業向けのローカル5G提供を加速させるために米Qualcomm Technologiesと提携したことを発表した。Betacomの5G as a Service(5GSaaS)プライベートネットワーク製品と、Qualcommのマルチベンダー環境でのRANやデバイスプラットフォームを含むエコシステムを組み合わせ、シンプルかつスピーディーなローカル5G導入を実現するという。

Betacomは現在、3.5GHz帯のCBRS(Citizens Broadband Radio Service:市民ブロードバンド無線サービス)周波数帯を利用してエンタープライズ向けにローカル無線サービスを提供している。一方、Qualcommは今年始め、ネットワークの配備や自動化、管理ソフトウエアプラットフォーム機能を提供するイスラエル企業のCellwizeを買収し、5Gインフラソリューション分野を強化していた。

両社は既に、ダラス・フォートワース地域の通信ソリューションプロバイダーであるTeltech Groupと連携。現地に大規模な倉庫を保有するTeltechは、両社のサービスを試験的に導入しているという。

[関連情報]
Betacom Collaborates with Qualcomm to Accelerate Enterprise Adoption of Private 5G Networks for Industry 4.0
Qualcomm RAN Plans Prop Betacom's Private 5G
Qualcomm hooks up with Betacom on private 5G

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

中村 航(なかむら・わたる)

1985年生まれ。福岡県福岡市出身。翻訳者。テクノロジーやファッション、伝統工芸、通信、ゲームなどの分野の翻訳・校正に携わる。WirelessWire Newsでは、主に5G、セキュリティ、DXなどの話題に関連する海外ニュースの収集や記事執筆を担当。趣味は海外旅行とボードゲーム。最近はMリーグとAmong Usに熱中。