WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

自動運転

  • 遺伝子編集ベビー研究の賀建奎氏に懲役3年 ほか

    2020.01.16

    グーグル傘下のWaymo、オックスフォード大発のAI企業を買収【The Guardian 12/12】 グーグル傘下の自動運転企業であるウェイモ(Waymo)は先ごろ、オックスフォード大からスピンアウトしたAI企業のラテ […]

  • 遠隔型自動運転は経済性だけなく働き方改革など社会的な効果で考えるべきだ──ソリトンシステムズ

    2020.01.14

    自動運転を実用化するために、遠隔型自動運転が課題解決の手段になるのではないか──。こうした視点から、株式会社ソリトンシステムズ 遊佐 洋氏は、『遠隔運転/遠隔型自動車運転システム-そのセーフティとセキュリティ』というタイトルで講演を行った。

  • Society 5.0を実現するモビリティとロボットが織りなす近未来イノベーション

    2020.01.07

    新たな価値やサービスが次々と創出され、人々に豊かさをもたらす「Society(ソサエティ)5.0」を目指して、いま日本政府はあらたな国づくりを進めようとしている。実際にSociety 5.0で活躍しそうな多くのプロダクトも登場しつつある。ここでは、地方創生や働き方改革にも活用でき、近未来のイノベーションにつながりそうなモビリティとロボットについて2019年10月に開催されたCEATEC 2019の展示内容から紹介する。

  • 先住民の土地を可視化する地図プロジェクト ほか

    2019.10.02

    インド政府、国内全土の高精度地図作成を目指す新たな計画を発表【Times of India 9/16】 インド政府は現地時間9月16日、ドローンやAI、ビッグデータなどの技術を用いてインド全土をカバーする解像度10cmの […]

  • 自動運転社会に向けて必要な議論の設定とは

    2019.06.10

    自動運転の議論における、「避けて通れないが、まだよく理解されていない抽象概念」に関して、私は、現時点では「移動の価値」に着目するのが良いと考えている。移動という現象はこの世に溢れており、誰しもが日常的に体験し、個人差はあれど何かしら課題や欲求を抱えているからだ。

  • 自動運転車が「安心」を獲得するために必要なこと

    2019.06.04

    安心は心理的・主観的な概念だと書いた。それはそれで間違ってはいないはずである。もっとも、これも、何度か書いてきたことだが、安心を英語に直せ、と言われて、直ぐに思いつく言葉は何だろう。