WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ドコモも海外パケット使い放題、最大日額2980円でパソコンなどからも使い放題

2010.08.04

Updated by WirelessWire News編集部 on August 4, 2010, 10:20 am JST

ご利用可能な国・地域/事業者名(略称)
201008041020-1.jpg

NTTドコモは2010年8月3日、国際ローミングで海外利用した場合のパケット定額サービスを始めると発表した。「海外パケ・ホーダイ」と名付けたサービスで、9月1日に開始する。

海外パケ・ホーダイを使うと、1日当たりのパケット通信量が20万パケットまでは日額1980円、20万パケット以上の通信量の場合は日額2980円で使い放題になる。2010年9月1日のサービス開始から2011年3月31日の期間は、日額1480円で使い放題になる。サービス開始当初は、アメリカ、韓国、台湾、中国、香港、オーストラリア、イギリス、スペイン、ドイツ。フランスなど24の国・地域で利用可能。これらの地域の「海外パケ・ホーダイ」対象事業者でパケット通信を利用した場合に定額の対象となる。対象国・地域は今後、拡大する計画である。

海外パケ・ホーダイの申し込みは不要。対象となるのは、すべてのパケット通信。iモード、iモードフルブラウザ通信、スマートフォンを利用した通信だけでなく、パソコンなどの外部機器を接続した通信も対象に含まれる。海外パケ・ホーダイが適用になるためには、国内で「パケ・ホーダイ ダブル」「パケ・ホーダイ シンプル」「パケ・ホーダイフル」「パケ・ホーダイ」「Biz・ホーダイ」、または「定額データプラン スタンダード」「定額データプラン64K」「定額データプランHIGH-SPEED」の契約があることが前提になる。ただし、2010年11月末までは前述の契約がなくても適用になる。課金単位は1日で、日本時間の0時〜23時59分の間のパケット通信量に応じて課金される。

海外でのパケット定額サービスは、ソフトバンクモバイルが2010年7月21日に「海外パケットし放題」を始めている(関連記事:海外でもパケットを定額で使える! ソフトバンクが1480円/日で提供。こちらは、2011年6月30日までは日額最大1480円、同7月1日以降は日額最大1980円で、動画などの利用時は最大2980円となる。日額料金はNTTドコモよりも安いが、パソコンなどの外部機器を接続したモバイルデータ通信は対象外となるので注意が必要だ。

【報道発表資料】
海外パケット定額サービス「海外パケ・ホーダイ」の提供開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら