TIS、産業機械の故障減少や生産性向上を目指すIoTソリューション「メンテりてぃくす」を提供

2016.01.26

Updated by Naohisa Iwamoto on 1月 26, 2016, 06:24 am JST

TISは2016年1月25日、産業機械から取得した稼働データを分析して、故障要因を導き出したり生産性向上につなげたりできるIoTソリューション「メンテりてぃくす」の提供を開始したと発表した。

メンテりてぃくすでは、産業機械から収集したIoTデータである稼働データを解析することで、「蓄積したデータから業務に影響を与える要因を特定する故障発生パターンの導出」や「生産品の不要原因分析」といった予測分析を可能にする。これにより、生産設備の歩留まり率の工場や、メンテナンスの効率化などの業務改善が実現できるという。

▼「メンテりてぃくす」の構成イメージ(ニュースリリースより)20160125_tis001

メンテりてぃくすは、TISと同じくITホールディングスグループのクリオカが提供する遠隔監視・予防保全システム「CareQube」などを使って産業機械から稼働データを収集・蓄積。SAPのBI(ビジネスインテリジェンス)ツール「SAP BusinessObjects BIソリューション」とデータマイニングツール「SAP Predictive Analytics」を利用して分析・解析する。これらを活用することで、低コストで迅速な業務改善が可能になるという。

TISでは、稼働データの見える化や、データに基づいた業務改善のニーズがある組み立て製造業や生産設備メーカー、化学製造業、特殊車両メーカーなどを中心にメンテりてぃくすを提供する計画。2020年までに約20億円のビジネス規模を目指す。価格は、オンプレミス型提供で2000万円(税別、以下同)、SaaS型提供で月額100万円から。

【報道発表資料】
産業機械の稼働データを分析するIoTソリューション『メンテりてぃくす』の提供を開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED NEWS