WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

世界 都市 ネットワーク イメージ

中国のネット検閲人員に取って代わるAI ほか

AI News May 5th week,2018

2018.05.30

Updated by Wataru Nakamura on 5月 30, 2018, 17:07 pm JST

サムスン、新たに3ヶ所のAI研究センターをオープン【Fast Company】
サムスンは先ごろ、新たにトロントとモスクワ、ケンブリッジの3カ所にAI関連の研究センターを開設したことを発表。すでにソウルとマウンテンビューにAI研究センターを構えるサムスンだが、今後さらに多くのAI研究拠点を開設する予定だという。

原文:Samsung's three new AI research centers are just the beginning

マイクロソフト、会話AIベンチャーのセマンティック・マシンを買収【Tech Crunch】
マイクロソフトは5月21日、バークレーに拠点を置く会話AIベンチャーのセマンティック・マシンの買収を発表。同社の会話AIは、質問への受け答えだけでなく、人間のような自然な会話を続けられるものだといい「Microsoft Cognitive Services」や「Azure Bot Service」などのマイクロソフトのAI製品への活用が予想されている。

原文:Microsoft acquires conversational AI startup Semantic Machines to help bots sound more lifelike

アリババ、非営利のAI研究所の設立でセンスタイムと協力【Tech Crunch】
中国EC最大手のアリババが、中国AIベンチャーのセンスタイムと協力し、非営利のAI研究所「HKAIラボ」を香港に設立する。新たな研究所には、香港サイエンス・テクノロジーパークも協力し、AIスタートアップの技術のマネタイズや、アイディア開発、知識共有の促進などをサポートする。

原文:Alibaba's newest initiative aims to make Hong Kong a global AI hub

バイドゥ、グローバル広告ビジネスを別会社に - AI関連の取り組みに集中へ【Tech Crunch】
中国検索大手のバイドゥは、同社のユーティリティアプリやモバイル広告ビジネスを担当する部門を切り離し、別会社とすることを発表。これによってバイドゥ本体はAI関連の取り組みに集中し、レコメンドエンジンのPoplnやキーボードアプリのSimeji、その他の米国や東南アジアで提供するAI関連サービスを中心とした新部門を設立するという。

原文:Baidu spins out its global ad business to sharpen its focus on artificial intelligence

中国のネット検閲人員に取って代わるAI【Finantial Times】
中国政府が主導するネット検閲には、オンラインサービスを提供する各社が多くの人員を割いてきたが、この検閲人員がAIに取って代わられつつあるという。このような企業の1つである動画プラットフォームのiQiyiには、2014年から2017年までにプラットフォーム上の動画が20倍に増加。一方でその間増えた検閲のための職員は2倍ほどで、多くの検閲作業はAIが担当するようになっている。

原文:Artificial intelligence takes jobs from Chinese web censors

ロンドン大学病院、医者や看護師の一部の業務をAIに移管【The Guardian】
英NHS(国民保険サービス)に属するロンドン大学病院(UCLH)が、アラン・チューリング研究所と3年間のパートナーシップ契約を締結。両者は同病院において、CTスキャンでのガンの診断から救急患者の優先度の決定まで、幅広い業務をAIに任せる新たな試みを開始する。

原文:London hospitals to replace doctors and nurses with AI for some tasks

不動産業向けAIチャットボットのOjo Labs、新たに2050万ドルを調達【Xconomy】
不動産業向けのAIチャットボットを開発するオジョ・ラボ(Ojo Labs)が、シリーズBファンディングで新たに2050万ドルを調達。同社はベター・ホームズやガーデン・リアルエステート、センチュリー21、コールドウェル・バンカーといった不動産ブローカーの顧客向けに、家探しや住宅ローンの問題、家の売買プロセスなどに関する質問に答えるAIチャットボットを開発している。

原文:Ojo Labs, AI-Enabled Chatbot Maker for Real Estate, Raises $20.5M

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら