WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ロボット AI 考える人 イメージ

グーグル、AI倫理委員会を立ち上げから1週間で解散 ほか

AI News April 2nd week,2019

2019.04.10

Updated by Wataru Nakamura on April 10, 2019, 07:00 am JST

グーグル、AI倫理委員会を立ち上げから1週間で解散【The Verge】
グーグルは米国時間4月4日、同社が先ごろ立ち上げたAI活用に関する外部の諮問委員会「Advanced Technology External Advisory Council (ATEAC)」の解散を発表。この委員会については、ヘリテージ財団(Heritage Foundation)の代表で反LGBTQのケイ・コール・ジェームズ氏などの委員の人選が批判を集めていた。

原文:Google dissolves AI ethics board just one week after forming it

グーグルのトップAI研究者のイアン・グッドフェロー氏がアップルに移籍【CNBC】
グーグルのAI分野のトップ研究者であるイアン・グッドフェロー氏が、今年3月にアップルに移籍していたことが判明。敵対的生成ネットワーク(Generative adversarial networks:GANs)の考案者として知られるグッドフェロー氏は、アップルの特別プロジェクトグループで機械学習担当ディレクターに就任したという。アップルは昨年、グーグルのAIおよび検索部門を率いていたジョン・ジャナンドレア氏も引き抜いており、AI関連の取り組みを強化している。

原文:One of Google’s top A.I. people just joined Apple

マイクロソフト、1000人のAI人材の採用と教育で仏OpenClassroomsと提携【Venture Beat】
マイクロソフトは先ごろ、フランスのオンライン学習プラットフォーム「OpenClassrooms」との提携を発表。同プラットフォームは今後、マイクロソフトでのAI業務に役立つ専用のAIプログラムに1000人の受講者を募集し、マイクロソフトが将来的に同プログラムの卒業生を雇用する見込みだという。

原文:Microsoft partners with OpenClassrooms to recruit and train 1,000 AI students

AI研究者グループ、アマゾンに法執行機関への顔認識ソフトの販売中止を要求【Venture Beat】
先ごろチューリング賞を受賞したAI研究者のヨシュア・ベンジオ氏、カリフォルニア工科大学教授でアマゾンの元主席研究員であったアニマ・アナンクマール氏などを含むAI研究者グループが米国時間4月3日、アマゾンAWSに同社の顔認識ソフトウェア「Rekognition」の法執行機関への販売をやめるよう求める書簡を送付。その理由について「現状ではこのようなシステムの誤用を防ぐための法律やセーフガードがないため」としている。

原文:Prominent AI researchers call on Amazon to stop selling Rekognition facial analysis to law enforcement

AIを活用したID認証のOnfido、新たに5000万ドルを調達【Venture Beat】
グローバルなID認証プロバイダーのOnfideは欧州時間4月3日、ソフトバンク・インベストメントやセールスフォース・ベンチャーズ、M12(旧マイクロソフト・ベンチャーズ)らから新たに5000万ドルを調達したことを発表。オックスフォード大出身の3人が2012年に創業したOnfidoは、企業向けにAIを活用した本人確認や身元調査を行えるオンラインプラットフォームを開発しており、今回の調達で総調達額は1億ドルを突破した。

原文:Onfido raises $50 million for AI-powered identity verification

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら