WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

カメラ 撮影 アクシデント イメージ

フェイスブック、テロ関連コンテンツ排除のためのAI改善を約束 ほか

AI News March 4th week,2019

2019.03.27

Updated by Wataru Nakamura on March 27, 2019, 07:00 am JST

ホワイトハウス、米政府によるAIイニシアティブを共有する専用ウェブサイトを公開【Venture Beat】
ホワイトハウスは米国時間3月19日、トランプ政権および米連邦政府機関によるAIイニシアティブを共有するウェブサイト「ai.gov」を公開。同サイトでは、国立衛生研究所(National Institutes of Health)によるAIを活用した生物医学プロジェクト、運輸省(Department of Transportation)による自動運転車に関するレポート、米エネルギー省によるスーパーコンピューターの開発プロジェクトなど、米政府が関わる様々なAI関連研究・プロジェクトが紹介されている。

原文:The White House launches ai.gov

自動車分野やグローバル市場の可能性を探る世界最大のAIスタートアップ【Bloomberg】
評価額で世界最大のAIスタートアップである中国のセンスタイム(SenseTime)のマネージングディレクターであるエステール・ウォン氏が、先ごろ香港で開催された「Bloomberg Invest Asia」に出席。昨年の45億ドルの評価額をつけたセンスタイムは、AI関連企業に投資する新たなファンドを年内に立ち上げるとみられている。

原文:World's Biggest AI Startup Exploring Cars, Global Expansion

フェイスブック、AIを活用したリベンジポルノ発見ツールをリリース【Engadget】
フェイスブックは米国時間3月15日、ユーザーによる個人のヌード写真や動画などのアップロードを発見する新たなリベンジポルノ対策ツールをリリース。このシステムでは、ヌードやこれに近い画像・動画の発見・フラグ立てに機械学習を活用し、生身の人間がこれらの違反をコミュニティ規定に基づいてチェックする仕組みになるという。

原文:Facebook is relying on AI to tackle revenge porn

フェイスブック、テロ関連コンテンツ排除のためのAI改善を約束【Engadget】
ニュージーランドのモスクで発生した銃乱射のライブストリーミング動画がフェイスブック上で数十分にわたって公開されていた問題で、同社のガイ・ローゼンVPは、将来的にテロ関連コンテンツのアップロードや拡散を防ぐためのAI改善を行うことを明言。フェイスブックでは、自殺や有害行為を含む動画を発見するAIを導入しているものの、このライブストリーミング動画についてはAIが違反と判断していなかった。

原文:Facebook vows to improve AI detection of terrorist videos

マイクロソフト、AIビジネススクールを開設【Venture Beat】
マイクロソフトは米国時間3月11日、同社が蓄積してきたAIに関するケーススタディや無料の学習動画などを提供するオンラインビジネススクール「Microsoft AI Business School」を発表。このビジネススクールは企業幹部によるAI戦略の立案や実施をサポートするためのもので、同社が昨年スタートしたデベロッパー向けAIコース「AI school for developers」に続くものだという。

原文:Microsoft launches AI Business School

グーグル、機械学習でバッハ風のメロディを作れるDoodleを公開【Newsweek】
グーグルが、ドイツの作曲家であるヨハン・ゼバスティアン・バッハの誕生日にちなんだ「Doodle(記念日などにロゴを変更する仕組み)」をリリース。このDoodleはユーザーが作ったメロディを機械学習によりバッハ風にアレンジするというもので、世界70カ国で3月21〜22日にかけて提供された。

原文:GOOGLE DOODLE FOR BACH'S BIRTHDAY FIRST ARTIFICIAL INTELLIGENCE DOODLE ALLOWS USERS TO MAKE MUSIC

RPAスタートアップのUiPath、評価額70億ドル以上で4億ドルを調達へ【Tech Crunch】
IT企業向けのRPA(Robotic Process Automation、ロボットによる業務自動化)プラットフォームを提供するユーアイパス(UiPath)が、シリーズDラウンドで4億ドル以上の資金を調達中とする話をBusiness Insiderが報道。2005年に創業されたユーアイパスはこれまでに4億900万ドルを調達しており、今回の資金調達で評価額は70億ドル超になるという。

原文:Robotics process automation startup UiPath raising $400M at more than $7B valuation

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら