WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

Archives

  • モバイルサイトの価値調査、首位の日本マクドナルドは137億円

    2010.08.19

    日本ブランド戦略研究所は2010年8月17日、モバイルサイトの価値などを算出した調査「Mobie Equity2010」の結果を発表した。調査によると、モバイルサイトの価値ランキングで首位に立ったのは日本マクドナルドのサイトで、算出した価値は137億円だった。このほかアクセス率と、サイトイメージについてもランキングを公表している。

  • 狙われ始めたスマートフォン、iPhoneやAndroidにセキュリティの穴

    2010.08.18

    急速に普及が進むスマートフォン。インターネットとシームレスにつながり、自由に好みのアプリをインストールできることに代表されるように、自由度の高さが人気の源であることは間違いない。しかし、自由と危険は表裏一体かもしれない。8月中旬、スマートフォンにセキュリティ上の脅威が迫っていることを切実に感じさせる2つのトピックが報道された。

  • ビューンのコンテンツ配信、iPhone向けサービスも正式再開

    2010.08.18

    ソフトバンクグループのビューンは、コンテンツ配信サービス「ビューン」のiPhone/iPod Touch向けサービスを正式に再開すると2010年8月16日に発表した。再開は8月17日午前0時から。Wi-Fiネットワーク限定での正式サービス再開である。

  • [お知らせ]次回の更新は8月18日(水)の予定です/5月〜8月のアクセスランキングなど

    2010.08.12

    日頃はWirelessWire Newsをご利用いただきありがとうございます。編集部は、8月13日(金)から17日(火)まで、夏季休業とさせていただきます。それにともない期間中、サイトの更新もお休みとさせていただきます。8月18日(水)より、通常通り更新を再開いたします。今後ともよろしくお願いいたします。

  • 欧州編(4)欧州携帯利用者の3G・LTE・4Gサービスの認知

    2010.08.12

    欧州では、一般ビジネスマン向けの雑誌やテレビ報道、広告では「4Gとは3Gより優れたサービスである」ということで、LTEも4Gもまとめて「4G」と表記されることが多い。そもそも3Gサービスが日本ほど一般ユーザーに広まっていないのだ。今回はちょっと寄り道して、一般ユーザーから見た欧州の携帯電話サービスについて紹介する。

  • iPhone/iPadユーザの広告クリック率が急増中

    2010.08.12

    モバイル広告最適化プラットフォームを提供している米国のSmaato社が7月のモバイル利用者の広告に対する反応を調べて発表した。米国のBlackBerryユーザは広告をほとんどクリックしないが、Symbian搭載電話機の所有者は他のプラットフォームよりも格段に広告クリック率(CTR)が高い。また、iPhone/iPad利用者のCTRが急増している。

  • iPhone所有率は8.0%、有料アプリは月に1〜5個、--MMD研究所が調査

    2010.08.12

    MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は2010年8月11日、「iPhoneアプリのダウンロード数に関する実態調査」の結果を発表した。それによると、iPhoneユーザーのうち1カ月にダウンロードする有料アプリは「1〜5個」とするユーザーが6割近くに上った。一方で有料アプリはダウンロードしないというユーザーも3割強を占めた。

  • 電子書籍の売上、iPadがiPhoneの2倍に

    2010.08.12

    電子書籍販売サイト「eBookJapan」を運営するイーブック イニシアティブ ジャパンは、2010年8月10日、7月の電子書籍の売上状況を公表した。それによると、5月28日の発売と同時に開始した米アップルの情報端末「iPad」向けの売上が、同社のスマートフォン「iPhone」向けの売上の2倍に達した。