WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

アジア

  • 今年もJKT48で総選挙!

    2015.03.31

    日本でもAKB48グループの総選挙は今年で7回目、もはや毎年の恒例行事となった。そのAKB48グループの海外姉妹グループでインドネシア・ジャカルタを拠点に活動しているJKT48が今年も昨年に続いて2回目の総選挙を行う。1 […]

  • 技術で水を作り出す未来 シンガポール

    2015.03.17

    ▼シンガポールの人たちの間でPV「Do you feel the Future」が作られるほどの大人気を集めた、スケルトニクス来星時の写真  ちょっとSFめいた写真ですが実写です。スケルトニクスのバックに広がる、高さ20 […]

  • カンボジアの携帯電話事情(4) - 地場ブランドのスマートフォンも存在

    2015.03.13

    カンボジア王国(以下、カンボジア)では移動体通信事業者の販売店やショッピングモールなど、様々なところでスマートフォンを販売している。日本からカンボジアに進出したイオンモールでもスマートフォンが販売されており、しかも品揃えは非常に充実している。また、あまり知名度は高くないものの、地場ブランドのスマートフォンも存在する。今回はそんなカンボジアのスマートフォン事情を紹介する。

  • サムスン、バングラディッシュでTizenスマホ「Samsung Z1」販売開始

    2015.03.02

    サムスンは2015年2月、Tizen OSのスマートフォン「Samsung Z1」をバングラディッシュで販売開始した。「Samsung Z1」は2015年1月にインドでリリースされたTizen OSを搭載した初のスマートフォン端末で、インドでは5,700インドルピー(約90ドル)で販売している。

  • インドネシアの鉄道事業者KCJがソニーのFeliCa採用

    2015.02.13

     ソニーは2015年2月、インドネシアの鉄道事業者PT.KAI COMMUTER JABODETABEK(KCJ)がソニーのICカード技術「FeliCa」を採用することを発表した。KCJは2008年からジャカルタ首都圏において鉄道システムを運営しており64駅で182キロの距離をカバーしており、毎日70万人が利用している。

  • インドネシア、2017年までに携帯電話機の50%は国内生産へ

    2015.02.10

    インドネシア政府は輸入携帯電話機・スマートフォンの全てに対して、いくつかの部品を国産品とすることを課して、同国産業の育成を図ろうとしている。2017年までに、年間携帯電話機需要の50%を国産品(国内生産)とすることを目標としており、インドネシアでの携帯電話、スマートフォン製造を拡大していく予定である。