モスクワ イメージ

NICT、5Gやセンサーネットワーク構築技術など含む情報通信分野でロシアの2機関と包括的研究協力に合意

2016.12.16

Updated by Asako Itagaki on 12月 16, 2016, 18:08 pm JST

12月16日、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下NICT)は、ロシア無線通信研究所(以下NIIR)、モスクア通信情報技術大学(MTUCI)のそれぞれと情報通信分野における包括的な研究協力に関する協力合意書を締結した。情報通信技術に関するロシアとの研究協力強化が目的。

NIIR(http://niir.ru/en/)は無線通信、地上/衛星のTV/ラジオ放送、新無線通信に関する技術開発を目的とした研究所で、ロシア通信・マスコミュニケーション省所管の研究所体系の中枢を担う。NICTとの合意内容は、以下に関する技術を含む包括的研究開発。
・ デジタル・ディバイドを解消する電波資源開拓先進技術(ホワイトスペース技術)
・ IoT開発を促進するWi-SUN技術
・ 第5世代携帯電話(5G)システムの実装

MTUCI(http://www.mtuci.ru/eng/)は1電気通信、情報、無線工学、経済学、経営の分野における高等教育・研究機関で、教職員・研究者は約700名、学生は約14,000名を擁し、46か国64機関と連携する。国際電気通信連合 電気通信開発部門(ITU-D)のメンバーでもある。NICTとの合意内容は、以下に関する技術を含む包括的研究開発。
・ 第5世代携帯電話(5G)とその先の携帯電話の時代に向けた先進的無線通信の基本設計・制御技術
・ 第5世代携帯電話(5G)とその先の携帯電話の時代に向けた先進的無線通信の基礎理論解析技術
・ Wi-SUN技術等を含むワイヤレス・センサー・ネットワークの構築に関する技術

NICTは、2016年5月に行われた日露首脳会談において発表された8項目の「協力プラン」の具体化に向け、NIIRおよびMTUCIと研究協力の可能性について協議を進めてきていた。協力期間はいずれも2016年12月16日から3年間(更新あり)。NICTは今後、両機関との間で、情報交換、研究者の派遣・交流、共同研究の推進、研究集会の共同開催等を通じた研究協力を進める。

【報道発表資料】
ロシア2機関との包括的協力合意書を締結

※参考:8項目の「協力プラン」の内容
「(1)健康寿命の伸長,(2)快適・清潔で住みやすく,活動しやすい都市作り,(3)中小企業交流・協力の抜本的拡大,(4)エネルギー,(5)ロシアの産業多様化・生産性向上,(6)極東の産業振興・輸出基地化,(7)先端技術協力,(8)人的交流の抜本的拡大」
日露首脳会談(2016年5月) 外務省より引用)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集委員。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2010年4月から2017年9月までWirelessWire News編集長。「人と組織と社会の関係を創造的に破壊し、再構築する」ヒト・モノ・コトをつなぐために、自身のメディアOrgannova (https://organnova.jp)を立ち上げる。