WirelessWire News Technology to implement the future

by Category

  • ボリスとトランプの違い

    2019.07.26

    イギリスでは保守党の党首選が終了し、大方の予想通り元ロンドン市長のボリス·ジョンソン氏が次期首相になることが決定しました。 アメリカ発の報道や日本の報道では、ボリスをトランプと同じで極右の親玉、ポピュリストと指摘するもの […]

  • 起業家と技術者を尊ぶイギリス

    2019.07.24

    前回はチューリングが50ポンド紙幣になった話を取り上げましたが、ちなみに2011年に発行された現行の50ポンド紙幣も表は女王陛下、裏はマシュー・ボールトンとジェームズ・ワットです。 この人物選びに、イギリスらしさが感じら […]

  • チューリングをお札にしたイギリス政府の本気度

    2019.07.23

    イギリス政府が50ポンド紙幣を刷新し、なんと近代コンピューターの父であるアラン・チューリングの肖像画が使われることになりました。 これはイギリス政府が国家としてITを重点戦略にするという心構えの現れでしょう。 チューリン […]

  • Brexitとイギリスの小売不調

    2019.06.30

    保守党のリーダーシップ欠如のためにBrexitの先行きが見えませんが、不安感は消費者の心理も大きな影響を及ぼしていて、 小売はかなり不調です。 街中に出るとM&SやWaitroseの様な高価格帯のスーパーからは以 […]

  • イギリス2大政党から心が離れる有権者

    2019.06.30

    前々回からご紹介している保守党議員の不信任運動は、保守党支持の有権者の怒りがよくわかりますが、このような不信任投票は保守党だけで行われるわけではなく、 労働党でも行われています。 現在の党首であるコービン氏は、共産主義に […]

  • 優柔不断な政府に激怒するイギリスの有権者

    2019.06.29

    前回は、不信任決議で党を追い出される保守党の議員についてご紹介しましたが、有権者の間で盛り上がる不信任決議運動は、保守党のリーダーシップ欠如を反映しています。 以前に保守党で地元選挙区で不信任決議を受けたAnna Sou […]

  • 英保守党議員のクビ運動

    2019.06.29

    現在イギリスは、次の保守党の党首の選出で盛り上がっているわけですが、どの候補者もはっきりいって歯切れが悪く、首相最有力候補のボリス・ジョンソンに至っては、愛人との痴話喧嘩や、大きなお友達系のチェックシャツでピクニックをす […]

  • イギリス政府から逃げ出す官僚達

    2019.06.29

    イギリスでは次の首相の選出が盛り上がってきましたが、ここに来て目立ってきたのが、Brexit交渉で中心になってきた幹部クラスの人々の逃亡です。 ここ最近で最も注目されたのが、欧州連合離脱省で政策とデリバリーの責任者である […]

  • なぜイギリスの地方が保守党に落胆したか?

    2019.05.30

    欧州議会選挙が実施され、イギリスでは、離脱派のブレグジット党(Brexit Party)と、残留派の自由民主党(Lib Dem)が票を伸ばし、保守党と労働党の2大政党が大敗する結果となりました。 特に今回注目されたのは、 […]

  • 英有権者は2大政党は現実を理解していないと考えている

    2019.05.29

    欧州議会選挙が実施され、イギリスでは、離脱派のブレグジット党(Brexit Party)と、残留派の自由民主党(Lib Dem)が票を伸ばし、保守党と労働党の2大政党が大敗する結果となりました。 伝統的に2大政党が強いイ […]