WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

SEARCH

  • “働き方改革”はイスラエルに学べ

    2018.05.22

    皆様、はじめまして。イスラエル女子部代表の三木と申します。Wirelesswire Newsを通じてイスラエルを勉強していた私が、このように執筆者として参加できることを大変うれしく思います。初回は、“イスラエル女子部”を立ち上げた背景とともに、イスラエルでの男女の仕事へのスタンスをご紹介いたします。

  • 働き方改革は経営にとって絶好のチャンス-「IoT/RPA、働き方改革で創る、地域社会の未来のために」セミナー開催のご案内

    2018.05.04

    2020年以降の経済冷え込みも予測されるなか、何が「働き方改革だ!」と思われる方。そして、IoT、RPAで課題解決だといって、こちらも先立つものがあっての話と二の足を踏んでおられる方へ。仙台を会場に行われるこのセミナーは、「政策を理解し新たなツールを活用することで、むしろ経営は強化されます」ということを官公より専門家をお招きお話しするものです。

  • 「働き方改革」で一億総活躍社会は来るのか?

    2018.03.26

    昨今「働き方改革」が非常に注目され、政府も企業も取り組みを進めている。働きやすい環境が整備されることは非常に良いことであるとは思うものの、自分が働いている感覚と少しずれているように感じている人も多いのではないだろうか。

  • 意外にも、個人個人が自分に合った働き方を見つけることが、全体としては健全な労働力を確保する手段になる。

    2018.03.26

    2003年SMAPの歌「世界に一つだけの花」が大ヒットし、東日本大震災後に金子みすずの詩「わたしと小鳥とすずと(=みんなちがって、みんないい)」に心を癒された。1990年代から大学入試ではAO入試、自己推薦入試などが多く実施されるようになり、一芸に秀でた人を評価するということが浸透している。このように、近年は「自分らしく生きること」が重要視される社会になりつつあるようだ。

  • 実は効率の悪い日本の働き方

    2015.02.11

    些末な部分には注力するが、根本的な設計や無駄を見直さないという矛盾が蔓延しているのが、日本が停滞している原因の一つなのではないでしょうか。

  • 働き方を変える互助会的組合

    2013.02.27

    以前の記事で紹介したNational Union of Journalists でありますが、日本ではジャーナリスト向けの組合というのは日本では耳慣れないかもしれませんが、National Union of Journa […]

  • 4つの政治哲学で今後の働き方をひもとく

    2012.08.23

    「ハーバード白熱教室」で知られるマイケル・サンデル教授を日本に紹介した小林正弥教授。現在、新たな大学教育のスタイルとして、「日本語版白熱教室」ともいうべき対話型講義の実験に取り組んでいる。「政治哲学における代表的な4つの立場」を理解し、自分の立ち位置を認識することが、今後の仕事における目標や目的を考える鍵になるという。