WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ビッグデータ

  • 高校生にビッグデータを使ったインテリジェンス訓練コース

    2018.01.22

    イスラエル軍は、既に高校生向けにサイバーセキュリティ向けカリキュラムを提供しているが、サイバー攻撃だけでなくソーシャルメディア分析などにより、ガザ地区やヨルダン川西岸地区などでのパレスチナ側との紛争やテロによる攻撃の察知を重視している。そのためにビッグデータ関連のインテリジェンス(諜報活動)が必要であり、人材確保が課題となっているという。

  • ⑤数学者の共著論文に学ぶ研究開発のチームワーク

    2017.05.31

    著名な数学者であっても、よく計算間違いをする。しかし彼らには最後の目標が見えているので、途中で必ず気づくという。また多くの数学者は、高校で習うような定理であっても完全に暗記してはいない。しかし偉大な数学者は、その場で定理を再構築しようとする。ここにいかに数学を深く考えているかが表れてくる。

  • ④研究の視野はこうして広がった

    2017.04.20

    1984年に開かれた数学の国際会議に関連して、当時30代であった若山は招待講演を行った。その内容は大きな拍手をもって迎えられたが、他の大物研究者がほぼ等しい内容を既に論文として発表していたことを知る。

  • ③ビッグデータから見えてくる新しい数学

    2017.02.06

    これまで現実世界のデータを扱うには、その法則性を見つけるために微分が用いられてきた。しかし昨今流行するビッグデータでは、データ量が多すぎるために法則性を見つけることが大変困難であり、微分方程式を適用することもできない。

  • ②表現論とコンピュータによる現代数学の応用可能性

    2017.01.16

    若山の専門分野は「表現論」である。表現論とは、複雑な物事の中に対称性を見出しその解決を目指す比較的新しい分野だと言える。近現代の数学は非常に抽象化が進み、物理学のような応用場面とはかけ離れたものになってきた。しかし近年のコンピュータの発達によって膨大な計算が可能となり、近現代数学を現実場面へ応用することが可能となってきた。

  • IoT、スマートフォークとトランプ大統領当選の関係

    2016.11.25

    トランプ氏アメリカ大統領当選がまだまだ驚かれていますが、私の一番の関心は、UFO情報の開示が遅れたことと、トランプカジノでのギャンブルが、米国民全員必須の活動になって違反者は牢獄に打ち込まれるかどうかです。 今回の選挙は […]

  • ①数学者が考える数学とは何か

    2016.10.30

    高校までの数学では与えられた問題を解くことが全てだが、実際の数学者が特に気を払うのは言葉の厳密な定義である。これによって複雑で抽象的な概念を操ることができ、「フェルマー予想」のように永らく未解決であった超難問に挑むことも可能となる。

  • [PR]オペレーターにとって増大するデータの「価値」 〜eVolutionが可能にするプローブとビッグデータの統合

    2016.03.23

    プロセラネットワークスは、仮想化されたパケットロジック・ソフトウェアを利用して、プローブ機能として活用、取り出したデータをビッグデータとして分析可能な形で提供するソリューション「eVolution」を提供しています。その背景となるオペレーターの変化と課題について、Solution Architecture担当ヴァイスプレジデントのヨアキム・アンダーソン(Joakim Anderson)に聞きます。