WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

車内 赤ちゃん イメージ
建物 天井 イメージ
赤ちゃん イメージ
犬 鼻 イメージ
海外 道路 自動車 イメージ

LATEST NEWS

「赤ちゃんが乗ってます」も分かるカー室内光学センサー

2014年設立のイスラエルのスタートアップ「ガーディアン・オプティカル・テクノロジー社」は、その名が示すように光学(オプティカル)技術で見守ってくれる(ガーディアン)システムを開発している。

2017.12.18

GPSの電波を疑似的に生成するインドア・ナビゲーション

イスラエルのスタートアップ「Galileo Satellite Navigation社のインドア・ナビゲーション」は、GPS対応の機器ならばスマホでもIoT装置でもそのまま使えるという特許技術で構成されている。

2017.12.18

インテリジェント赤ちゃんモニター「Nanit」

英語の“nanny”には、子守とか住み込みベビーシッターといった意味があるが、「Nanit」は、ママやパパに代わって寝ている赤ちゃんを見守ってくれる賢いカメラ。開発したのは元イスラエル空軍アカデミーのAssaf Glazer博士。

2017.12.14

ソフトバンクと3D深度センサー技術を持つイスラエル企業がAI・IoT分野で協業へ

ソフトバンクとイスラエルのイニュイティブは、AIおよびIoTの分野で協業することで合意した。3D深度センサーの技術などを活用する。

2017.12.05

薬を正しく飲ませるためにITで何ができるのか?

薬の飲み忘れを防止する仕掛けがいろいろと考案されている。イスラエルの「Vaica」というスタートアップが開発したデバイスは、薬を飲む計画を患者や医療関係者がPCなどからクラウドに登録するものだ。スケジュールがデバイスにダウンロードされると、ライトや音で飲む時間が来たことが知らされる。

2017.11.22

駐車スペースを探すのはうんざり、スマート・パーキングの「Spaceek」

イスラエルのスタートアップ「Spaceek」は、運転者に代わって空きスペースを探してくれるサービスを開発している。スマートフォンのアプリに、近傍の空き駐車場の場所と、駐車場の空きロットの場所が表示される。駐車場に空きがあるかどうかだけでなく、中のどこに空きスペースがあるかまで分かるのだ。

2017.11.16

一般車両とスマホ、カメラで低コストな道路路面診断、AIを活用しNTT西日本がトライアル

NTT西日本は、道路路面の広範囲な予防保全管理を低コストで省力化して実現できるように、AI(人工知能)を活用した手法のトライアルを実施する。

2017.11.14

会議室の利用効率化をIoTで手軽に実現、「ビジネスパック」をサテライトオフィスが提供

会議室の利用状態をIoTで管理して利用の効率化を図るソリューションを、手軽に導入できる「ビジネスパック」としてサテライトオフィスが提供を開始する。

2017.10.19

LPWAを利用した小学生の登下校お知らせ実験、藤枝市とソフトバンクが開始

子どもの登下校の状況を通知するようなジオフェンシングサービスに、電池の持ちを延ばせるLPWA(Low Power Wide Area)を活用する実証実験が始まる。

2017.10.17

呼気で病気を嗅ぎ分けるナノテク鼻

「ナノーズ(Na-Nose)」という技術は、「Nano Artificial Nose」ーーつまり、「ナノ人工鼻」から作った造語だ。数々の科学賞を受賞してきたイスラエル工科大学(テクニオン)の有名教授、ホッサム・ハイク氏(ナノテクノロジー、化学工学)が開発を進めている。この人工のナノテク鼻は、鼻の形はしていないが、人の病気を呼気(吐く息)から嗅ぎ分けることができるという。

2017.09.20

ARCHIVES