WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

お金 ATM イメージ
イスラエル バス イメージ
ビットコイン イメージ

LATEST NEWS

ロックダウンがもたらす日本と海外の深い溝

前回の記事では、ロックダウンによってイギリスでは Fintech サービスの需要が急上昇し、ユーザーが増加したというトピックをご紹介しました。 それまで Fintech を使っていなかったユーザーが、ロックダウンによって […]

2020.09.24

ロックダウンでFintech需要が増加

ロックダウンの最中に働き方や買い物をオンライン化する利点や、ストリーミングの利点を「発見」した人が少なくありませんが、イギリスに関しては消費者向けの金融サービスにも激烈な変化が訪れています。 Yobotaが2千人のイギリ […]

2020.09.23

これは中野版アルスエレクトロニカだ!「仮想通貨奉納祭」

メディアアーティストの市原えつこさんが「仮想通貨奉納祭」なるものを企画したと聞いて驚いた。 市原さんといえば、大根を触ると妖しい声が聞こえる「セクハラインターフェイス」や、ロボットにより、故人の人格が憑依したかに見える「 […]

2019.11.11

なぜ日本からは画期期なFintechが登場しないのか?

イギリスを始めとして欧州では、ここ数年フィンテックのサービスが大盛況でありますが、それには欧州特有の理由もあります。 イギリスはまだマシなのですが、欧州大陸の方は銀行のサービスがかなり雑です。 私が住んでいたイタリアの場 […]

2019.08.19

AIで振り込め詐欺を抑止、佐賀銀行ATMコーナーでオプティムが実証実験

後を絶たない「振り込め詐欺」の被害をなくすため、人工知能(AI)を活用したシステムの実証実験が始まる。

2018.07.31

欧州でチャレンジャーバンクが流行る理由と移民

日本ではフィンテックの一部として報道されることが多い欧州のチャレンジャーバンクですが、日本ではその人気と空気感は伝わりにくいようですね。 代表的なのがドイツのN26、そして英国のRevolut、Monzoですが、これ以外 […]

2018.07.25

サブSIMと電子署名で安全な金融取引を実現する「FPoS」、金融機関など6社が実証実験へ

スマートフォンのSIMカードと電子署名の機能を組み合わせた新プラットフォームの実証実験が始まる。新しいプラットフォームは、「FPoS」(Fintech Platform over SIM)と名付けた。

2018.06.01

なぜ欧州ではチャレンジャーバンクが流行るのか?

欧州のフィンテックにおいて今年注目される事のひとつはドイツのチャレンジャーバンクである「N26」の英国進出です。 英国ではすでに「Revolut」や「Monzo」の認知が高くなっており、ミレニアム世代を中心にユーザーがど […]

2018.04.30

マルタは欧州のブロックチェーン中心地となるか?

欧州では相変わらずブロックチェーンが盛り上がっていますが、先々週のロンドンのブロックチェーンExpoでやたらと名前が挙がっていたのがマルタです。 マルタはイタリアの隣にある小島ですが、一応独立国で、淡路島の半分程度の面積 […]

2018.04.30

銀行業務に機械学習を活用する

機械学習を業務に取り入れる企業は増えていますが、銀行においてもその動きが出てきています。 英国においては機械学習の推進に積極的な銀行のひとつがHSBCです。英国のComputer Worldのインタビュー「HSBC ch […]

2018.02.27

ARCHIVES