WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

LATEST NEWS

イギリスの銀行支店消滅の実態

みずほが構造改革策を発表、1.9万人削減、グループの500拠点を2024年度末までに100削減し、400拠点体制にするというニュースが話題になっていますね。リーテル銀行の合理化に関してはイギリスは日本に先行しているので、こういうニュースは10年ぐらい前から経済ニュースの常連です。

2017.11.30

Twitterで世の中を分析する

イギリスのイースト・アングリア大学では、Twitterを使ってサッカーの試合結果を予測するという研究が行われている。ツイートのトーンを調べると、どのチームが勝ちそうか、あるいはオンラインの賭け金が適正かどうかなども分かるという。

2017.11.10

ビットコインがバブルだとしたら、崩壊するのはいつなのか?

暗号通貨の高騰が止まらない。中国政府が本気で規制しようとした動きを見せた瞬間に30万円まで下げたものの、1カ月もしないうちに最高値を更新。このままでは遠からず100万円の大台に乗るのではないかというのが大方の予想である。 […]

2017.10.13

モバイルペイメントの現在(いま)──2020年に向けて、日本は世界のモバイル決済事情から何を学ぶべきか

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年を目標にキャッシュレス化を推進する日本は、モバイル決済の普及が進む各国の経験から何を学ぶべきでしょうか。世界のモバイル決済事情を追い続けているITジャーナリストの鈴木淳也氏が、各国の事例をひもときながら、キャッシュレス社会の実現に向けた課題を解説します。

2017.10.02

FX取引で人間がAIには勝てそうにない理由

 ビットコインの高騰が止まりません。  8月1日に32万円だった1BTCが、先日はもう49万円の最高値をつけました。  高騰の原因はハードフォーク前の買い控えが一気に買いに動いたことと、Bitcoin Cashの不調でも […]

2017.08.17

個人上場市場VALUの秘めた可能性

最初はどうも胡散臭いかもしれないと思われていたVALUの勢いがどうやら止まらない。 そしてここまで走りきってしまったということは、世の中がVALUという新しい市場を受け入れ始めているということでもある。 仮にVALUが今 […]

2017.07.25

貧富格差の拡大を防ぐ——ピケティの提唱する全世界的累進資本税

4部で構成されるトマ・ピケティ「21世紀の資本」は、最後の第IV部「21世紀の資本規制」で、貧富格差を社会的に是正する方法について検討している。彼の主張は簡潔だ。 すでに述べた通り、果てしない格差スパイラルを避け、蓄積の […]

2017.06.26

君にも暗号通貨が作れる!? ビットコイン、イーサリアムが握る新しい経済観

ビットコインが再び値上がりしています。 それにともなって世界のオルトコイン市場も活気が出てきています。 国内最大の暗号通貨市場であるBitflyer社のBitflyer Lightningを見ていると、目の前でリアルタイ […]

2017.06.02

日立とみずほ銀行、AI活用でセールス力向上と企画部門の業務効率化に向け実証実験を開始

日立の人工知能技術を活用したみずほ銀行の営業部門のセールス力向上と企画部門の業務効率化に向け実証実験を4月から開始する。

2017.03.28

モバイルペイメントで太陽光発電を利用 ワイヤレス化するアフリカのインフラ

太陽光+モバイルペイメントで、「つながないインフラ整備」を進めるアフリカと、電気に続く水問題解決につながりそうな技術を紹介する。

2017.03.22

ARCHIVES