WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

LATEST NEWS

2023年中に5Gユーザーの5億6000万人突破を目指す中国(他2本)

中国国内の5G基地局数は現時点で91万6000カ所に達し、世界の7割を占めている。

2021.07.28

「地方創生テレワーク実行支援プロジェクト」キックオフ記念イベントを8月5日に実施

日本テレワーク協会は、会員企業と連携し、企業と地域の双方に対してコンサルティング機能を提供するとともに、企業と地域のマッチングなどをワンストップで提供する「地方創生テレワーク実行支援プロジェクト」をスタートさせることになりました。このプロジェクトのキックオフイベント(オンライン)を8月5日(木)に実施します。

2021.07.20

Singtel、世界初のポータブル5Gプラットフォーム「GENIE」をローンチ(他2本)

5G無線アンテナをスーツケースサイズのコンテナに搭載して提供するこのサービスは、企業が自社敷地内に独立した5G網をわずか1時間ほどで設置できる。

2021.04.21

5G対応のXperia 10 III、可変焦点レンズ採用のXperia 1 IIIが登場

ソニーは、Xperiaシリーズの新製品2機種を発表した。同社のミッドレンジモデルとして始めて5Gに対応した「Xperia 10 III」と、5G対応フラッグシップモデルの「Xperia 1 III」だ

2021.04.15

【ディスカッション】3月30日(火)18:00〜:ヘザー・バネット『集団と共創する、多くの頭』

生物や自然現象をもとに社会の集団的行動、自己組織化などの共創現象や社会の根源的な価値の探索に向けた、新しい社会的議論を生み出す試みを行なってきたロンドン芸術大学のヘザー・バネット(Heather Barnett)氏が、その研究成果の一部をご紹介します。聞き手は原正彦(東京工業大学・物質理工学院・教授/WRHI)です。

2021.03.26

パンデミックとEUの復興基金が促進するギリシャのデジタル革命(他2本)

パンデミックとEUの復興基金が促進するギリシャのデジタル革命【Reuters 2/25】 EUのデジタル経済ランキングで長年最下位付近に沈んできたギリシャは、パンデミックという危機をバネに、EUの復興基金も利用して経済や […]

2021.03.16

言葉を操るAIが出てきたことで改めて問われる「考える」ことの意味

誤解を恐れずに言えば、筆者はAIが好きだ。 その未来に希望を抱いているし、それが必ず人の役に立つものであると信じている。実際、筆者の経営する会社では、AIの社会実装によって新たな価値を創造し、提供できているという自負もあ […]

2021.03.15

教養としてのマンガ、プログラミング、BL

漫画は教養だと思う。 日本には無数の漫画が溢れている。 これほど漫画に恵まれた国はちょっとない。 嘘ではない。海外・・・には今はいけないが、amazon.comでgraphic novelで検索してみれば、日本とはだいぶ […]

2021.03.07

2021年、AIには何ができて、何ができないか

AIは近年、驚くような変化が毎月のように訪れている。 筆者の主宰する私塾では、上級会員向けに月に一回、AIに関する最新情報をシェアし、考察を加えるといったことを4年ほど続けている。 始めた当初は「そんなに毎月話すことがあ […]

2021.01.04

エアアジア、独自の生体認証システムの改良でVision-Boxと提携(他2本)

エアアジア、独自の生体認証システムの改良でVision-Boxと提携【Find Biometrics 10/27】 エアアジアは先ごろ、旅行関連の非接触ソリューションを提供する米ビジョン・ボックス(Vision-Box) […]

2020.10.30

ARCHIVES