LATEST NEWS

トランプ勝利でヘイトクライムが多発 AIはアメリカを強くするか?

 トランプ大統領誕生が決まった途端、各地でマイノリティに対する攻撃、いわゆるヘイトクライムが多発しているそうです。  BBCニュースによれば、ニューメキシコ大学のイスラム教徒の学生が、トランプの支持者(トランプのTシャツ […]

2016.11.13

イーロン・マスク氏、火星への人類移住構想を発表 - スペースXのロケットを利用

電気自動車メーカーのテスラ・モータース(Tesla Motors)や民間宇宙船開発のスペースX(Space X)を率いるイーロン・マスク(Elon Musk)氏が米国時間27日、再利用可能なロケットを使用した火星への人類 […]

2016.09.28

知的情報処理の最前線:日本に「量子アニーリング」が来る日

2016年8月1日、これは日本の量子アニーリング研究、果ては量子コンピュータ研究の記念するべき始まりの日かもしれない。 ハーディス株式会社が日本におけるD-Waveマシンの販売提携を発表した。カナダのD-Wave Sys […]

2016.08.30

知的情報処理の最前線:D-waveも負けていない「量子アニーリング」のセールス活動

先日のGoogle L.A. でのAdiabatic Quantum Computing 2016レポートへの反響は、量子コンピュータへの潜在的な興味とGoogleの魅せる時代の転換点のリアリティへの期待感の表れであろう。今回は、本家本元量子アニーリングのマシンを作ったD-wave Systemsの動きについて紹介する。

2016.07.13

知的情報処理の最前線:人工知能の就職活動「転移学習」

いたるところ「人工知能」ブームで、それぞれ大きな会社が独自の「人工知能」と称するサービスを展開している。独自の人工知能と言っても、どれも似たようなことをしており、新鮮味がなくなりつつあるのも事実である。どれも何かと似ている、異なる、その区別を行っているためだ。

2016.06.28

知的情報処理の最前線:初恋を忘れない人工知能?

機械学習技術を駆使して、データから世の中のことを学び、周囲の環境の変化に対応しながら自律した行動を決定することで、人工知能の一つの形が実現可能である。 データは現実に起こった事柄、経験である。データが多いほど、すなわち経 […]

2016.05.31

知的情報処理の最前線:この世の全てを見せてやる「事前学習」

深層学習は、そもそも何が大きくこれまでの方法とは異なるのか?実は、そこまで大きな違いがあるわけではない。

2016.05.24

知的情報処理の最前線:D-wave Systemsが見せる時代の転換点

先日5月12日のことだが、世界初の商用量子コンピュータ「D-wave  One」から始まる一連の量子アニーリングマシンを開発したD-wave SystemsのUSA支社のPresidentであるRobert H. (Bo […]

2016.05.17

知的情報処理の最前線:深層学習の歴史

視覚・聴覚など人間の知覚を司る五感。 その知覚の獲得こそが人工知能で重要な課題である。 センシング技術と機械学習の発展により、人工知能を搭載したシステムにおいて高精度な知覚技術を支えるだろう技術が深層学習(deep le […]

2016.05.10

脳の発達に最も重要な7歳までの時期に「紛争に晒され続ける子ども」が世界で8,670万人

有害なストレスを抱えながら暮らすリスクに曝された状況は脳細胞の結合を阻害し、子どもたちの認知的、社会的、身体的発達に、著しい長期的影響をもたらす。

2016.03.28

ARCHIVES