WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

セキュアIoT 

↓
↑

LATEST NEWS

働き方改革もテレワークも “いま風” を意識して推進してゆくべきだ

2019年4月、大企業を対象に働き方改革関連法が施行された。こうした中で、残業時間の減少だけでなく、働き方改革推進のキーとしてテレワークを実際に活用する企業が増えている。一方、中小企業に対しては1年後の2020年4月から同法が施行されるが、テレワークの活用はおろか、検討すら進んでいるとは言えない現状がある。

2019.05.20

「as a Service」でサイバー攻撃は低コストで実現できる時代に──第4回スキルアップセミナー

「IoTデバイス固有の脆弱性を狙った攻撃の増加が2018年の特徴だ」。セキュアIoTプラットフォーム(SIOTP)協議会が会員を主な対象として開催している「スキルアップセミナー」の第4回が2019年3月に開催された。「2 […]

2019.04.18

アイロンがスパムメールを撒き散らす!!便利になるほどリスクは増す世界──セキュリティフォーラム2019レポート【後編】

2019年3月に開催された「セキュリティフォーラム2019」では、多方面の識者からサイバーセキュリティに対する脅威の現状と、対策の手法について講演があった。前編に続き、後編では特別講演2つと成果報告1件のレポートをお届けする。

2019.04.09

簡単だから増加するサイバー犯罪、まず攻撃する相手を知るべし──セキュリティフォーラム2019レポート【前編】

AI、IoT時代のサイバーセキュリティをどう確保すべきか。守りを固めるために知っておきたい攻撃の最新の状況はどのようなものか。2019年3月に開催された「セキュリティフォーラム2019」では、多方面の識者からサイバーセキュリティに対する脅威の現状と、対策の手法について講演があった。

2019.04.08

ドローンの産業利用にセキュリティ対策は追いつけるか

一般社団法人セキュアドローン協議会(東京都港区、会長:春原 久徳 以下 SDC)は、ドローンの業務活用におけるセキュリティ技術実装のための実証開発に取り組んでいる。その実証開発について、2019年3月に開催されたJapan Drone 2019のワークショップで発表した。

2019.03.26

IoT時代のセキュリティに顕在化する現状と課題

スマートデバイスの利用の広がり、IoTの普及、さらには様々なデバイスから収集したデータのAI(人工知能)などによる活用──。こうしたICTの発展は、産業や社会、人々の生活などに広くメリットをもたらす。一方で、多様なデバイスが備えるセンサーやカメラなどから得られたデータを収集し、分析するプラットフォームには、いったん情報が流出したら産業から生活まで大きな影響を及ぼすリスクが内在する。

2019.02.21

テレワークは福利厚生ではなく「経営戦略」だ──第3回スキルアップセミナー

「テレワークを導入することは、福利厚生の充実などというレベルではない。企業の重要な経営戦略と捉えるべきだ」。セキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP協議会)が会員に向けて実施した第3回スキルアップセミナーで、キャリアシフト代表取締役で同協議会監事でもある森本登志男氏は訴えた。

2018.12.21

人間がセキュリティホールにも守りの要にもなるIoTならではのセキュリティの勘所

第5回 IoT/AI ビジネスカンファレンスのセミナー「IoTセキュリティコース」では、 IoTセキュリティのリスクと守り方についての講演があった

2018.12.05

IoTセキュリティを確実にするセキュリティプラットフォームとは

第5回 IoT/AI ビジネスカンファレンス(主催:リックテレコム、10月31日開催)のセミナー「IoTセキュリティコース」では、2つのセッションでIoTのセキュリティについての解説をした

2018.12.04

そもそもなぜITセキュリティを考えなくてはならなくなったのか?~第2回SIOTPスキルアップセミナー~

IoTのセキュリティを考えるにあたって、ITのセキュリティを今一度根本から学び直そうというセミナーが10月に開催された。

2018.11.30

ARCHIVES